Cost, Speed, and Reliability Tradeoffs between N+1 UPS Configurations

There is an increasing trend towards N+1 UPS architectures – rather than 2N – as IT fault tolerance through software continues to improve. There are two common ways N+1 can be achieved: paralleling multiple unitary UPSs together or deploying a single UPS

ドキュメントは最新ですが、旧製品について記述されていることがあります。

参照

タイプ

言語

日付

バージョン

ファイル

VAVR-A84MRT_R2_EN (.pdf) 215.6 kb

製品群:

マイリスト

お気に入りのドキュメントを保存し、共有する。

マイドキュメントを見る。
loader-lg loader-sm