{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Motion & Drivesシリーズ/ ATV71インバータが手動の場合、どの程度の数値設定でどのようにトライ&修正をすればいいですか?

はじめに以下の操作で、オートチューニングを実施します。
精度と応答時間の関連で、最適な駆動性能のために実行する必要があります。
- [モータ制御](DRC-)メニューの(モータ)銘板に記載されている値を入力します。
- [オートチューニング](TUN)パラメータを使用して接続されているモーターのオートチューニングを実行します。
- [FreqLoopGain](FLG)パラメータと[Fr.Loop.Stab](STA)のパラメータを調整してください。
FLGとSTAが正常なグラフになるように調整してください。

【PI regulator】
最小限に積分ゲイン[PID積分ゲイン](rIG)を設定します。
PI feedback(アナログインプット)とPI referenceを観察します。  
比例ゲイン[PID prop.gain](rPG)は応答時間と過渡段階での安定性の間の良好な妥協点を確認するために設定します。
PI feedback(アナログインプット)を迅速に変化しているとき、それは、ダイナミック性能を提供します。
referenceが定常状態でプリセット値から変化した場合は、徐々に、[PID積分ゲイン](rIG)を増加させる。比例ゲイン[PID prop. gain]
(rPG)が不安定になった場合は比例ゲイン[PID prop. gain] (rPG)減らす。(例:ポンプのアプリケーション)は、手動で調整する必要があります。

【注意事項】
PI regulatorに関しては工場出荷時の設定モードでテストを実行しています。 (ほとんどの場合、これで十分です。)
ドライブを最適化するために [PID prop. gain.] (rPG)または [PID integral gain] (rIG)を徐々に独立させ、
referenceに関してPI feedback(アナログインプット)の影響を観察してください。
 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。