{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

Smart-UPS SMT1200RMJ1U, SMX3000RMJ2U ファームウェアアップデートをFTPで行うと失敗する

このページでは、FTPを使用してSmart-UPSのファームウェアアップデートを行うと失敗する問題について説明しています。

【対象製品】
UPS :
SMT1200RMJ1U  (Smart-UPS 1200 RM 1U LCD)
SMX3000RMJ2U  (Smart-UPS X 3000 Rack/Tower LCD)

UPSアクセサリー
Network Management Card 2 ファームウェアバージョン v6.x

【問題の概要】
FTPを使用し、対象のSmart-UPSのファームウェアアップデートを実施すると、
ファームウェアアップデートに失敗し、UPSがフリーズします。

【問題の詳細】
ファームウェアファイルをFTPを用いてNetwork Management Cardの"upsfw"フォルダにコピーすることによりファームウェアアップデートを試みると、
数分後"Connection closed by remote host"というメッセージが表示され、ファームウェアアップデートに失敗します。
このとき、UPSのLCDに"FW upgrade in progress"と表示されていますが、UPSはフリーズします。

【問題の回避方法】
WebブラウザーからNetwork Management CardのWEB UIにアクセスするか、
シリアルケーブル接続でファームウェアを再度アップデートすることでUPSは通常状態に復帰し、ファームウェアアップデートも完了します。

Network Management Card 2のファームウェアがv6.2.xの場合、カードとUPSの内部通信が切断するため、
シリアルケーブル接続でファームウェアアップデートを行ってください。

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る