{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

シグナリング/LEUGWB-24-*のNPN(シンク型)オープンコレクタ接続方法

添付の三菱のPLCのNPN(シンク型)トランジスタ出力ユニットA1SY42Pを例に説明させていただきます。
こちらのユニットは回路が2つに分かれており、1□□のコネクタを点滅用、2□□のコネクタを点灯またはブザー用とします。

点滅の時は、弊社製品の信号線を1A5~1B20のどれかに接続
1A2,1A1を弊社製品の点滅COM線(灰)に接続。(1A2,1A1は-0Vには接続しないで下さい。)
1B2, 1B1は+DC24に接続
すなわち、通常NPNオープンコレクタ接続の場合、共通COMは-0Vに接続しますので、三菱様の接続例にも外部電源の-0Vに接続と記載されていますが、上記の通り、-0Vには接続せずに弊社製品の点滅COMに接続しフロートさせて下さい。

点灯またはブザーの時は、弊社製品の信号線を2A5~2B20のどれかに接続
2A2,2A1を-0Vに接続
2B2, 2B1は+DC24に接続
こちらは、三菱様の接続例と同様となります。

なお、弊社製品は、AC/DC24V対応ですので、AC24Vで使用される場合、弊社製品の電源
線(赤および黒)にはAC24V電源以外何も接続しないで下さい。
弊社製品をDC24Vで使用される場合は、赤を+DC24V、黒を-0Vにして、上記の2A2,2A1
をこの黒線に接続いただいても構いません。


・PRODUCT FAMILY
LEUGWB-24-*  LEUTWB-24-*  LEULWB-24-*  LEMLWB-24-*  LEUTKWB-24-*

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る