{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Schneider/ ATV312HD15M3のFr1の設定保持について

Q: ATV312HD15M3を使用してFr1の設定をAI1からAIU1に切り替えたときに電源を立ち上げないと動作しないのか?

A: 基本はFr1をAI1からAIU1に変更した場合、電源を再立ち上げするとAI1からAIU1に切り替わります。
  AIU1設定はHSP[高速]の割合を設定する必要があります。
  たとえば。 HSP = 50HZ AIUIが100%であるならば、周波数基準は、50Hzになります。
  Fr1をAI1からAIUIに変更すると、これは周波数基準をREF-メニューのパラメータ AIUIに設定する必要があります。
  今回設定では、CTLのパラメータCHCF[Profile]をチェックする必要性があります。
  CHCF= SIMは、 Frequency reference と command が同じソースでなければなりません。
  これはスタート、ストップドライブ AIUIは、キーパッドからのfrequency reference とRUN/ STOPボタンになります。
  CHCF= SEPはその後、Frequency reference と command がFr1とCD1の設定に応じて、同じになるか、異なることになります。
  CD1= LOCは、次に起動した場合の駆動/停止は、ローカルキーパッドのRUN / STOPキーになります。
  CD1= tErはその後、起動ドライブのスタート/ストップは、ドライブのLI入力端子になります。
  それぞれ上記設定に応じて設定内容が異なりますので、注意してください。
  そのため、AI1からAIUIへの変更を設定すると、駆動する電源の再投入を必要とし、設定がすぐに有効になり、その後は変更されません。

 

 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。