{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Schneider/ PLC STBPDT3100Kの入力電源電圧の範囲

Q: 
①STBPDT3100Kのモジュールの入力電源の範囲が 共に19.2~30Vdcについて確認したい。
バッテリを使用する場合は、定格電圧に対し+30%~-25%(18~31.2Vdc)を許容する 必要がありますが、
「Advantys-STB の認証はバッテリ以外の電源を使用する」という ただし書きがあるのか。

②過電圧印加について
過酷試験にて、36Vdc@1min印加した時の動作を確認したいが、入力電圧が許容範囲外のため
故障する可能性はあるのか。

A: 
① 低格電圧としてはDC24Vを使用するのが基本です。
その範囲としては19.2~30Vdcを超えて使用することはできません。
外部電源は安全な定格として (SELV-rated)となる。

SELV定格は、危険な電圧およびDC出力の間に基礎絶縁に加えて、
第二の付加絶縁層が追加している。
単一成分/絶縁体が動作しない場合、結果として、DC出力はSELV制限を超えてはいけない。

SELV: 安全特別低電圧. いずれかの2アクセス可能部分の間の電圧は(ひとつのアクセス可能な部分と、クラス1機器のPE端子との間)
二次回路として通常の条件化または単一の故障の条件の下で値を超えないように設計されている。

そのため、電源を供給するために、バッテリーを使用することは推奨していない。

②上記内容から入力範囲外のため故障する可能性はある。
 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。