{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

Schneider/ Qauntum PLC 故障率について

Q: 下記モジュールの故障率を教えて頂けないでしょうか。
・140CPS11420
・140CPU43412A
・140CRP93200
・140CHS11010
・140NOE77101
・140CRA93200
また故障率を算出するための計算根拠も教えて下さい。

A: 各ユニットのMTBFは添付ファイルをご参照ください。
MTBFは時間表示になります。
MTBF servlet.pdf

故障率の算出方法は下記計算式になります。
λ(故障率) = 1 / MTBF

故障率の算出方法に関しては下記点に注意してください。

【注意点】
ある装置が100万時間のMTBFを持つことは珍しくありませんが、100年以上故障なしで稼働すると考えることは非現実的です。
数値がこれほど高くなるのは、製品が最も安定している「使用可能期間」または「標準稼動期間」内の故障率を算出し、
永久にこのこのような確率で故障を繰り返すとしているからです。
実際には製品の磨耗によって、MTBF値よりも早い時期に使用できなくなります。

つまり、製品の耐用期間と故障率またはMTBFの間には直接的な相関関係はありません。
非常に高い信頼性(MTBF)を持ちながら耐用期間が低い製品が存在することも考えられます。
耐用年数はそれよりもかなり短く、MTBFと耐用年数に相関関係はありません。

添付

MTBF servlet.pdfMTBF servlet.pdf [23.56 KB]

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
詳細を見る