{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Schneider/ Quantum PLC 140CRP31200C 140CRA31200Cはどちらがマスターユニットになりますか?

Q: 140CRP31200C140CRA31200Cを使用しますが、どちらがマスターユニットになりますか?

  CPUは140CPU67260Cを使用しますが、Hot standbyの動作を教えていただきたい。

A: 140CRP31200CはCPU 140CPU67260Cに取り付けるマスターユニットになります。    
 140CRA31200CはリモートI/Oのスレーブユニットになります。

 Hot standbyの動作はPrimary側が常時動作をしていて、故障が起きればStandby側に切り替 わります。通常はPrimaryの1サイクルタイム毎にStandbyg側に同じデータを転送しています。プログラムの容量によって異なりますが、タイムラグは約50msになります。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。