{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

ATV71/ 出力周波数をアナログ出力する方法

以下の手順でご設定下さい。

①ATV71のパラメータ設定箇所について

パラメータの設定箇所は以下の通りです。
 AO1 – に Ofr(モータ周波数)を設定します。
 AO1t -に 10U で0~10Vの電圧になり、OA で0〜20mA の電流になります。
  電圧出力の場合は、UOL1 / UOH1を0/10Vで調整すれば、0~10V範囲で出力可能です。
  電流出力の場合は、AOL1 / AOH1を0/20mAで設定すれば、0~20mA範囲で可能です。

本体端子にある下記端子からアナログ出力ができます。
・COM(Analog I/O common 0V)
・AO1
 ※1点のアナログ出力であれば本体機能で出力が可能です。

端子内容
COM:Analog I/O common 0V
AO1:Analog voltage output、Analog current output、Logic output


アナログ出力を2点目のアナログデータを出力する場合
→オプションボード「VW3 A3 202」を使用すれば2点目3点目の追加が可能です。

オプションボードの設定は、上記と同様AO1とAO1tのパラメータ設定として2点目、3点目の
[AO2 CONFIGURATION]、[AO3 CONFIGURATION] にオプションボードのアナログ出力設定箇所があります。

■ATV71S Installation_manual:ページ30
 https://www.se.com/ww/en/download/document/1755843/
■ATV71E Installation manual:ページ56
 https://www.se.com/ww/en/download/document/1755849/

添付

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。