{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Network Shutdown v4.2で、VCSAの起動順序が逆転する仕様について


このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.2で、VCSAの起動順序が逆転する仕様について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v4.2 for Virtualization

【発生条件】
本事象は以下の条件下で発生する可能性があります。
- PowerChuteでVMware環境を保護している
- PowerChuteがESXi上で稼働しているVCSAをシャットダウン対象としている
- PowerChuteで仮想マシンの起動を有効状態に設定している

【事象について】
通常PowerChuteによるVMware環境の起動処理においては、メンテナンスモード解除後にVCSAの起動を最初に試みます。
その後シャットダウン時にESXiホスト上で稼働していたUserVMの起動が行われますが、
VCSAの起動処理実行時に、VCSAから予期しない応答が返ってきた場合は、
PowerChuteはUserVMの起動処理を最初に行い、その後VCSAの起動を再度試みます。

 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。