{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

M221/ スレーブの外部機器に対して最大接続数は?

M221 マスターと接続できるスレーブの外部機器への最大接続数は、31 台です。


注意点:
読み書き用の通信オブジェクトをプログラム上で設計して、スレーブへの読み書きしている場合、
通信オブジェクトのファンクションブロックを作成する最大数が16個までとなります。
(読み書き用の通信オブジェクト:Read Var/Write Var/Write Read Var etc)

よって、読み書き用の通信オブジェクトを使う場合は、実質16コマンドまでしか発行することができないため、
スレーブの外部機器 16台までの読み書きが限界となります。

16台以上のスレーブの外部機器との接続が必要な場合は、"EXCH" の交換命令 をつかった、スレーブの外部機器に読み書きする
プログラムを作成する必要があります。

 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。