{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

Modicon M221/ ZBRN2とIO Scannerを使った場合の接続方法は?

M221とZBRN2(シリアル通信受信機)の接続設定は以下の通りです。

【設定手順】
1. SoMachine Basic を起動して、設定タブにて、M221の型式設定をします。

2. 左のメニューにある、SL1(シリアルライン)を選択し、プロトコル設定をして、[適用]ボタンをクリックします。
プロトコル:Modbus Serial IOScanner に設定し、シリアルライン設定で通信先のZBRN2と通信設定を合わせます。
設定例)


3. 左のメニューにある、[Modbus Serial IOScanner] を選択します。

4.プロトコル設定にて、転送モード:RTU に設定します。
応答タイムアウト(×100 ms)、フレーム間の時間(ms)は、任意で設定します。
設定例)


5.デバイス設定にて、[その他] を選択し、[ZBRN2 Access Point] を選択して、[追加]ボタンをクリックします。
※[追加]ボタンをクリックすると、デバイスが追加されます。
設定例)


6.追加されたデバイスのチャンネルの項目下にある[...]ボタンをクリックし、チャンネル設定されているかを確認する。(基本はデフォルトのまま)


7.チャンネル設定で[OK]ボタンをクリックし、デバイス設定で[適用]ボタンをクリックします。

8.設定は終了です。


【動作仕様】
相手側から送られてくる%MW0~ のデータは、
M221では、IOScannerのデータ受信専用アドレスの%IWN(i + x).yz に格納されます。
※%IWN(x+y).yz について
i:インデックス = SL1(シリアルライン1)の場合100、SL2の場合200
x:デバイス ID
y:チャンネルID
z:オブジェクトインスタンス識別子

使用例)
条件:シリアルライン1使用、デバイスID(設定手順5参照)0使用、チャンネルID(設定手順6参照)0使用
<ZBRN2 に格納されたアドレスのデータをM221に取得する場合>
無線スイッチで、ZBRN2 の %MW00.00 をON → M221 の %IWN100.0.0 に DEC "1"、(HEX "1")が格納さます。
無線スイッチで、ZBRN2 の %MW00.01 をON → M221 の %IWN100.0.0 に DEC "2"、(HEX "2")が格納されます。
無線スイッチで、ZBRN2 の %MW03.11 をON → M221 の %IWN100.0.0 に DEC "2048"、(HEX "800")が格納されます。
無線スイッチで、ZBRN2 の %MW03.12 をON → M221 の %IWN100.0.0 に DEC "4096"、(HEX "1000")が格納されます。

※ZBRN2 は、最大60点出力可能製品ため、使用アドレス範囲は、%MW00 の0bit目 ~ %MW03 の12bit目までとなります。
(%MW03の13bit目以降は使用しない)
ZBRN2 は、常に出力しかしないため、M221側でデータ取得しかしない。M221側からZBRN2 にデータをおくることはありません。

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
詳細を見る