{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

M251/ 2つのLANポートの使い分けは?

TM251MESEには2つの異なるLANポートがあります。
各自が固有のIPアドレスとMACアドレスを取得します。2つのイーサネットネットワークは、イーサネット1とイーサネット2と呼ばれます。
イーサネット1はマシン間または制御ネットワークとの通信専用のデュアルポートイーサネットスイッチです。
イーサネット2は、デバイスネットワーク接続専用の別個のイーサネットポートです。
たとえば、次の操作を実行できます。
・イーサネット1にPCを接続する
・イーサネット2にModbus TCP I / Oスキャナを使用します。

【動作環境】
①コントローラの対応サービス
  ・Modbus TCPサーバー
  ・Modbus TCPクライアント
  ・Webサーバー
  ・FTPサーバー
  ・SNMP
  ・EtherNet / IP上のターゲットデバイスとしてのコントローラ
  ・Modbus TCP上のスレーブデバイスとしてのコントローラ
  ・IEC VAR ACCESS

②コントローラの対応プロトコル
  ・IP(インターネットプロトコル)
  ・UDP(ユーザデータグラムプロトコル)
  ・TCP(伝送制御プロトコル)
  ・ARP(アドレス解決プロトコル)
  ・ICMP(Internet Control Messaging Protocol)
  ・IGMP(Internet Group Management Protocol)

③各接続タイプの最大接続数
  ・Modbusサーバー:8
  ・Modbusクライアント:8
  ・EtherNet / IPターゲット:16
  ・FTPサーバー:4
  ・Webサーバー:10
  ・SoMachineプロトコル(SoMachine、トレース、Webビジュアライゼーション、HMIデバイス):8

  注) 少なくとも1つのEtherNet / IPターゲットが設定されている場合、合計接続数(EtherNet / IPとModbus TCP)は
       16に制限されます。


【補足】
・TCP接続について
   TCPに基づく各接続は、次のように独自の接続セットを管理します。
   クライアントがポーリングサイズを超える接続を開こうとすると、コントローラは最も古い接続を閉じます。
   クライアントが新しい接続を開こうとするときに、すべての接続がビジー状態(交換中)であれば、新しい接続は拒否されます。
   すべてのサーバー接続は、コントローラーが稼動状態(RUNNING、STOPPED、HALT)の間は開いたままです。
   停電の場合を除き(コントローラに接続を閉じる時間がないため)、動作状態(RUNNING、STOPPED、HALT)を離れるか入力すると、
   すべてのサーバ接続が閉じられます。
   接続の発信者が以前に開いた接続を閉じることを要求すると、接続を閉じることができます。

・イーサネット通信では、IEC VAR ACCESSサービスがコントローラによってサポートされています。
   IEC VAR ACCESSサービスにより、コントローラとHMI間でデータを交換することができます。
   NetWork変数サービスを使用すると、コントローラ間でデータを交換できます。
 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。