{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

SURT004を2台接続するSURT5000XLJの構成について

Step-Down Transfomer(SURT004)を2台接続するSmart-UPS RT 5000(SURT5000XLJ)の構成を推奨していません。本ドキュメントはその理由について説明しています。

 

Smart-UPS RT5000(SURT5000XLJ)の最大出力容量は5000VA/3500Wであり、またStep-Down Transfomer(SURT004)の出力容量は4600VA/4600Wとなります。

SURT5000XLJの最大出力容量よりもSURT004の出力容量が大きいことより、SURT5000XLJはSURT004を1台のみ接続することを想定しています。
また一般的にトランスに入力電圧が印加された時、定格の約20倍近い大きな突入電流が発生します。
SURT5000XLJは1台のトランスが接続状態での突入電流を考慮してSURT5000XLJの内部回路を設計を行っているため、
2台のトランスを接続した場合、非常に大きな突入電流となりUPS本体の動作に支障をきたす可能性があります。 

従いまして、SURT5000XLJにSURT004を2台接続して使用していただくことはできない仕様となります。

100V出力の出力コンセントの数を増やしたい場合、仕様面またはコスト面から、SURT004を2台接続するのではなく、
Rack-Mount PDUなどを使用いただき1台のSURT004から出力コンセントを増やして使用してください。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。