{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Business Edition v9.x コンソールから旧バージョンのエージェントの監視登録について

PowerChute Business Editionコンソールから旧バージョンのエージェントを監視する場合について記述しています。

text
サーバ / コンソールのバージョン
v9.0.1
v9.1.1
v9.2.1 ※1
エージェントのバージョン
v9.2.1 ※1
×
サポート対象外
×
サポート対象外
v9.0.4 ※1 ※2
×
サポート対象外
×
サポート対象外
v9.1.1×
サポート対象外
v9.0.3 ※2
×
サポート対象外
v9.0.1
v8.0.1
×
サポート対象外
×
サポート対象外
v8.0/v7.0.5以前
×
サポート対象外
×
サポート対象外
×
サポート対象外

※1 PowerChute Business Edition v9.1.1のセキュリティアップデートバージョン。詳細は こちらを参照してください。
※2 PowerChute Business Edition v9.1.1/9.2.1に含まれる旧世代のSmart-UPSモデル(UPS本体にDB9 シリアルポートがついているモデル)対応のエージェント

注意事項:
  • サーバ/コンソールに旧バージョンのエージェントを追加しようとした場合、およびエージェントが追加されている状態でサーバ/コンソールのみをアップグレードした場合の両方を含みます。
  • サーバ/コンソールより新しいバージョンのエージェントはサポートしません。エージェントと同じ、または新しいバージョンのサーバ/コンソールを使用してください。
  • PowerChute Business Edition v9.0.1 サーバ/コンソールは、リリース時においてサポート終了のPowerChute Business Edition v8.0以前のエージェントはサポートしておりません。
  • PowerChute Business Edition v9.1.1/9.2.1 サーバ/コンソールは、リリース時においてサポート終了のPowerChute Business Edition v8.0.1以前のエージェントはサポートしておりません。

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る