テクニカルFAQ

質問

Symmetra LXに搭載されているNetwork Management Card EX/EMのファームウェアがv2.6.1の場合、UPSのステータス画面およびイベントログに「UPS Off」と表示される。

【事象】
Symmetra LXに搭載されているNetwork Management Card EM(AP9619)のファームウェアが、v2.6.1(aos261, sy264)の場合、UPSのステータス画面およびイベントログに「UPS Off」と表示される。

Symmetra LXとNetwork Management Card v2.6.xの組み合わせで使用し、
且つSymmetra LXの出力電圧が200V以下に電圧低下した場合(負荷率が高い場合にレギュレーションによって200Vを下回ります)にこの現象が発生します。

【影響】
実際にはUPSはオンラインであるにもかかわらず、Network Management Cardから見たUPSのステータスは「Turn off」となり、イベントログもまた「Turn off」とロギングされます。
これは表示上の問題であり、このタイミングでUPSが実際にOffされることはありません。

しかしながら、このイベント発生時にE-mail送信やSNMP Trapの発行が行われる設定をして運用されている場合、この現象発生時に「UPS Turn off」のE-mail送信やSNMP Trap送信が行われます。

また、この状態でPowerChute Network Shutdownで設定したシャットダウンイベントが発生した場合やスケジュールによるシャットダウンが開始された場合には
SNMP経由でシャットダウンコマンドを送信した場合、サーバのシャットダウンは実行されますが、
UPS側のステータス表示が「Turn off」であるため、Network Management CardはUPSがすでに「Turn Off」していると誤認識し、SleepコマンドがUPSに送信されないためUPSはSleepに入りません。
これによりUPSの再起動が行われないことからサーバが自動起動されませんので手動で各サーバの電源を入れる必要があります。

【回避方法】
この問題はファームウェア v3.3.1以降で修正されていますので、必要に応じて弊社ダウンロードページから最新版のファームウェアをダウンロードし、ファームウェアのアップデートを行ってください。

http://www.apc.com/jp/s/Download/Detail_Sw.cfm?ProductNumber=AP9617SYLX


ファームウェアの書き換え方法は、ダウンロードページの「その他ハードウェアのマニュアル」にある"Network Management Card EX/EM Firmware書き換え手順書"をご参照ください。
 

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?