{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Business Edition v9.0.1のエネルギー使用量について

PowerChute Business Edition v9.0.1のエネルギー使用量の画面についての説明です。

エネルギー管理の項目ではUPSに接続された機器のエネルギー消費量を監視することができます。
さらに、二酸化炭素排出量やエネルギーコストなどのエネルギー関連のデータを提供します。

【表示箇所】
[デバイスのプロパティ] - [エネルギー管理] - [エネルギー使用量]
を選択することで[エネルギーレポート概要]においてレポートが表示されます。



【設定項目】
以下の項目を必要に応じて設定します。

設定項目
内容
[ エネルギーレポート期間 ] - [ 期間の設定 ]エネルギーレポートの期間を設定します。デフォルト値は
インストール日から画面を表示させた当日までとなります。
[ エネルギーレポート設定 ] - [ 設定 ]算出コスト対象国、kWhあたり費用、KWhあたりCO2排出量を設定します。


エネルギー管理の項目は、PowerChute Business Edition version v9.0.1より新しく追加された機能となります。v8.x以前のバージョンでは表示されません。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。