{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Network Management CardをIntel LANのNICチーミング構成で使用する場合の注意事項

このページでは、Network Management Card (AP9630J/AP9631J/AP9617/AP9619)を、Intel LANのNICチーミング構成で使用する場合の注意事項について説明しています。

 

通常のALB設定ではデフォルトでRLBオプションが有効となっています。

RLBオプションを無効にすると、ARPキャッシュを経由しないチーム配下のクライアントへのダイレクト通信(ICMPなど)を行う場合に宛先のクライアントのMACアドレスの解決ができずチーム配下のクライアントに到達できない可能性があります。
このチーミングの仕様により、Network Management Cardとチーム配下にあるサーバ間で通信切断が発生する可能性があります。

そのため、Network Management Cardを使用する場合は、RLBオプションを有効にすることを推奨いたします。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。