{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Relay I/O Card (AP9610)の設定スイッチについて

Relay I/O Card(AP9610)にあるディップスイッチの設定と動作について説明しています。

Relay I/O Card(AP9610)には、4ビットの設定スイッチ(ディップスイッチ)が取り付けられています。
そのうちの1ビット目をONにするかOFFにするかで、Relay I/O Cardへの入力信号及び出力信号の内容が一部変わります。

以下の表はディップスイッチの1ビット目のOn, Offの変更とその入出力信号の内容を説明しております。

text
*設定1 (ディップスイッチ1 OFF)
*設定2 (ディップスイッチ1 ON)
入力1(Input #1)UPSを起動(オン)する設定1と同じ
入力2(Input #2)UPSを停止(オフ)する設定1と同じ
入力3(Input #3)UPSセルフテスト開始設定1と同じ
入力4(Input #4)バッテリ運転時、UPSをシャットダウン(スリープ)させる。
(セルフテスト中とランタイム較正中を除く)
UPSをバイパスモードにする
(バイパス機能搭載UPSのみ有効)
出力1(Output #1)UPSバッテリ運転状態
(出力条件:電源障害時、セルフテスト実行中又はランタイム較正中)
設定1と同じ
出力2(Output #2)UPSバッテリ容量低下状態(ローバッテリー状態)設定1と同じ
出力3(Output #3)UPS本体がブレインオフ(停止の状態)、
またはUPSとRelay I/O Card間の通信が途絶えた状態(カードの差込不良、故障等)
設定1と同じ
出力4(Output #4)UPSバッテリ要交換状態設定1と同じ
出力5(Output #5)UPS過負荷状態UPSがバイパスモードになっている
(ソフトウェア、フロントパネル、リアパネルのいずれかによる動作)
出力6(Output #6)UPS障害発生、又はUPSセルフテスト失敗UPS障害発生、又はセルフテスト失敗、又はUPS過負荷状態

*設定1はSmart-UPS向け
 設定2はSmart-UPS RT, Matrix-UPS, Symmetra PowerArray / Symmetra RM 向けとなります。

*Relay I/O Card(AP9610)は販売終了となっております。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。