{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Smart-UPS (SU/SUAシリーズ)でサーキットブレーカが作動した際の対処方法

Smart-UPS (SU/SUAシリーズ)で背面のサーキットブレーカが作動した場合の対処手順

 

サーキットブレーカは接続されている負荷機器が容量を超えた、もしくはショート等発生し異常電流が流れた場合にトリップします。
ご使用されているUPSのサーキットブレーカがトリップした際にはUPSに接続されている負荷を減らす、または試験的にすべて外して以下の手順を行ってください。

1. サーキットブレーカをリセットし、再度主電源オン/オフスイッチを入れ直してください

2. 背面のサーキットブレーカが再度作動していないかを確認してください
Smart-UPS 2200、3000、3000RM3Uは背面に入力、サーキットブレーカと出力サーキットブレーカもあるのでそれらについても確認ください

3. 接続している機器それぞれに異常がないか確認ください

*それでも過負荷LEDが点灯する場合には、弊社コールセンタまでご連絡ください。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。