{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Video: SoMove/ 運転状態のグラフを作成する方法(Fast Scope)

本FAQでは下記を説明します。
 ・パソコン上で運転状態をモニタリングしたい。
 ・一度に複数のパラメータの状態をグラフで確認したい。

 そのような場合に使用できるモニタリング機能を説明します。

このFAQでは「Fast Scope」について説明します。
特徴:
 ・インバータ内でサンプリングを行い、そのデータを
  パソコンに受信してグラフを作成します。
 ・必ずトリガー条件を設定する必要があります。
 ・Slow Scopeよりも早い周期でサンプリングが可能です。

使用機材
 対象ソフト:SoMove
 対象機種:ATV320
 接続方法:シリアルケーブルもしくはEthernetケーブル

事前準備
非同期モータとPCとATVシリーズを接続します。
SoMoveをOnLine状態にします。

以上で事前の準備は終了です。
次はSoMoveを起動して、以下の操作を行います。

1.SoMoveをOnLine状態にした上で「Scope」の「Fast Scope」を選択します。

2.サンプリングするパラメータ、時間や周期、トリガー条件を設定します。

3.再生ボタンを押すことによりトリガー待ち状態になります。

4.トリガー条件を満たすと自動的にサンプリングを始めます。


 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。