{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

GP-Pro EX/ 部品パーツや描画などを上下左右に整列させる方法について

部品の配置整列、ガイドライン、グリッドなど、
状況によって有効な方法が複数あります。
それぞれの機能を作画の際にご利用ください。

【配置/整列】
部品などのオプジェクトを複数選択した上で、上揃えなどのメニューを選択する方法です。
複数部品を特定座標位置に揃える場合に有効な操作です。
image01


【ガイドライン】
基準となるオブジェクトと位置を正確に揃える場合に有効な方法です。
沢山のオブジェクトを一括で揃えるには向きませんが、
ひとつひとつを整理しながら綺麗に作画するときに重宝されます。
image02


【グリッド】
オブジェクトを一定の座標ごとに配置する場合に有効な方法です。
マトリクスタッチパネルのようにタッチエリア範囲が存在する場合の作画時にもよく使われます。
また、グリッドの単位座標ごとにオブジェクトの位置およびサイズが吸い付くため、
位置調整、サイズ調整をマウスで簡単に行うことができます。
シンプルですが素早く見栄えの良い作画が行える機能です。
グリッドの座標サイズは任意に指定可能です。image03

添付

詳細を見る
製品:
PFXEXEDV40
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
詳細を見る
製品:
PFXEXEDV40