シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais

SurgeArrest Home/Office

専門レベルのコンピューターおよびエレクトロニクス向け電力サージ保護

対象 SurgeArrest

着脱可能なケーブル・ガイドと回転コード・リテーナを内蔵した唯一のサージ保護機構

APC Brand 商品画像 Schneider Electric
SurgeArrest Home/Office
  • 特長

    APC SurgeArrest Home/Officeシリーズは、大規模な電力サージ発生時にコンピューターやその他の電子機器に高度な保護を行います。このシリーズは電話線スプリッターの電力サージ保護機能、USBコンセント、コンセントをブロックすることなく機器をプラグインできる変圧器ブロックスペースも提供しています。Surge Arrest Home/Officeの主要な用途は、プロ用コンピューター、テレビ、ゲーム機、プリンターなどです。

    メリット

    便利な機能
    • 電話回線スプリッタ - モデムや電話など、2台の機器を同時に使用可能にします。
    • コンセント用耐衝撃シャッター - 使用していないコンセントにユーザが不用意に触れることのないよう、シャッターにより保護します。
    • 建物の配線不良インジケータ - この LED は、電気回路内に危険な配線があることを示します。
    • 調整可能なケーブル管理 - コードとケーブルを整理してきれいに保ちます。
    • コンセントレイアウト - かさばる変圧器ブロック・プラグを、他のコンセントを塞ぐことなく接続できます。
    • 180度回転コード・リテーナ - ストレインリリーフ付き180度回転コードにより電源コードの取り回しが簡単で、SurgeArrestを容易に設置することができます。
    • 保護機能の作動を示すインジケータ - SurgeArrestの回路が落雷や電力線サージ等の原因で損傷したり、100%の保護能力を発揮できない場合には、警告を受け取ることができます。損傷したSurgeArrestは、保証期間内であればAPCが無料で交換いたします。
    保護
    • 雷サージ保護 - 電力サージおよびスパイクによる機器の損傷を避けるために
    • ノイズ・フィルタリング - Surge Protectorは、データのエラーやキーボードのロックアップの原因となりうるEMI/RFI回線ノイズを軽減して、保護対象機器の性能向上を確実にします。
    • データ回線保護 - データライン(イーサネット、同軸および電話線)を守ることで、機器をサージから完全に保護します。データラインを伝わるバックドアサージも電源ラインを伝わるサージと同様に機器を損傷することがあるため、データラインを伝わるバックドアサージからの機器の保護も非常に重要です。
    • IEEE の通過電圧レイティングと規制機関の基準への準拠 - APC のサージ保護装置は IEEE による厳格なテストを受け、"通過電圧レイティング" を得ています。このレイティングは、サージまたは電圧スパイクがサージ保護装置を通過した後で機器に到達する可能性のある電圧の最大値を表します。 IEEE の通過電圧レイティングが低いほど、サージ保護の効果が高いことを意味します。 APC の Essential SurgeArrest シリーズは、北米の製品については 330V 未満の通過電圧レイティング、世界で販売されている製品については 15% 未満のレイティングで最適なパフォーマンスを発揮します。 APC のすべて製品は、北米の UL や各地域の CE/Kema/Gost/C-tick/A-Tick/Telepermit など、各国の政府が定めた安全基準を満たしています。
    安全機能
    • 壊滅的危険からの保護 - SurgeArrestに搭載するMOV、温度ヒューズ等のコンポーネントは、落雷や配線障害に即時に対応します。電圧スパイクや過電圧でサージ抑制コンポーネントが万一故障した場合にも、ご使用の機器に大量の電流が到達する恐れはありません。ほとんどのサージ抑制装置はAPCのSurgeArrestとは異なり、回路が損傷を受けた後も機器への通電を続行するので、さらなる破壊的なサージに機器をさらす恐れがあります。
    • 過負荷表示 - 接続機器の使用電流値がユニットの能力を超えた場合、インジケータが点灯します。対策としては、比較的重要でない機器のプラグを抜いて下さい。
    • フェールセーフ・モード - ほとんどのサージ抑制装置は回路が損傷を受けた後も機器への通電を続行するので、さらなる破壊的なサージに機器をさらす恐れがあります。APCのSurgeArrestのフェイルセーフ機能は、SurgeArrestの回路に障害が起きた場合にユニットを電源から切り離すことで、破壊的なサージの接続機器への侵入を防止します。

お問い合わせ

技術的なお問い合わせ、製品ご購入のご相談、修理のご依頼など、あらゆるご質問をWebフォームでお問い合わせいただけます。

製品文書およびソフトウェアのダウンロード

ドキュメント、サポート情報、証明書、CADファイル、ソフトウェアなどがダウンロードできます。

技術的なよくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)やテクニカルビデオなどカスタマーケア担当が作成したガイドを検索していただけます。