Japan

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

 

UPS Network Management Cards

個々の UPS をネットワークに直接接続し、リモートで監視および制御ができます。

ネットワークを使用して、APC 製 UPS の管理機能を拡張できます。

APC Brand 商品画像 Schneider Electric
UPS Network Management Cards schneider.label 個々の UPS をネットワークに直接接続し、リモートで監視および制御ができます。
  • 特長

    製 UPS の管理機能を拡張できます。APC UPS Network Management Card を使用すれば、Web ブラウザ、コマンド ライン インターフェイス、または SNMP を使用して、個々の APC 製 UPS を安全に監視および制御できます。問題発生時にユーザーに通知する機能が備わっているので、UPS の信頼性を大幅に高めることができます。 長時間の停電が発生した場合、ソフトウェアを使用して 保護対象サーバーを安全に自動シャットダウンできるので、業務データが失われることはありません。

    メリット

    可用性

    • リモートからの機器のリブートが行えます。 - リモートにあるサイトへ技術者を派遣する必要がなくなります。

    管理機能

    • データログ記録 - 問題が大きくなる前に、またはデータログをエクスポートして分析する前に、問題の傾向を特定します。
    • EMS (企業管理システム) 対応 - SNMP トラップ (イベント) を任意の EMS (企業管理システム) に転送することによって、APC 機器を一元的に管理できます。
    • イベントログの記録 - イベントログを伴う事象につながるようなイベントのタイミングと順序を正確に示します。
    • Data Center Expertと統合されたStruxureWare - 重大な警報、監視カメラ映像および重要な情報を収集、編集、分配して、統一されたビューの複雑な物理インフラ環境をネットワーク上のいずれの場所からでも提供できる、ITにすぐに使用できるスケーラブルなアクセスモニタリングシステム
    • 通知 - 問題が通知されるので、重大な事態が発生しても迅速に対処できます。
    • スケジューリング - ユーザが定義可能なパラメータを利用して、必要に応じた接続機器やUPSのシャットダウンが行えます。保守目的でのOSのシャットダウンを実行する、その他のUPSのシャットダウン時刻を設定する、など。

    総所有コスト (TCO)

    • ブラウザインターフェイス - ブラウザでユーザーインターフェイスを表示して、ネットワーク上のどこからでも迅速にアクセスできます。
    • フラッシュ アップグレード可能ファームウェア - FTP を使用して、ファームウェアの保守リリースをリモート インストールします。

    特長・メリット

    • ブラウザインターフェイス - ブラウザでユーザーインターフェイスを表示して、ネットワーク上のどこからでも迅速にアクセスできます。
    • EMS (企業管理システム) 対応 - SNMP トラップ (イベント) を任意の EMS (企業管理システム) に転送することによって、APC 機器を一元的に管理できます。
    • 異常の通知 - リアルタイムのイベント通知機能によって、物理インフラの危機的な状態への対応時間が短縮されます。IT管理者による平均修復時間を短縮し、効率を向上させ、稼働時間を最大限にします。
    • リモートからの機器のリブートが行えます。 - リモートにあるサイトへ技術者を派遣する必要がなくなります。
    • リモートからのUPS管理 - UPSの動作を、各々の電源環境に合わせてユーザ自身がカスタマイズ可能です。

    保護

    • パスワードのセキュリティ - ユーザ自身が選択可能なパスワード保護機能。
    • PowerChute Network Shutdown - 信頼できるネットワークベースの複数サーバーのシャットダウン
    • Radius のサポート - 既存の RADIUS サーバを使用して、APC 機器の認証、認可、追跡を実行できます。

    ギャラリー