シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais

スイッチ式 Metered-by-Outlet ラック型PDU

スイッチ式Metered-by-outlet ラック型電源分配ユニット(PDU)は、各アウトレットのリアルタイムモニタリングと、リモートスイッチのオン・オフ制御を行い、IT担当者に高度なデータセンターエネルギー管理ツールを提供しています。

対象 NetShelter

コンセントごとの電力測定により、ラック型分電盤(ラックマウントPDU)で世界をリード

APC Brand 商品画像 Schneider Electric
スイッチ式 Metered-by-Outlet ラック型PDU
  • 特長

    APCのスイッチ式Metered-by-outlet ラック型電源分配ユニット(PDU)は、各アウトレットのリアルタイム計測と、アウトレットに設置されたリモートスイッチのオン・オフ制御を行います。アウトレットの計測により、エネルギー最適化や厳密なキャパシティプランニングが可能になります。また、ユーザー定義の警告閾値に従い、現場や遠隔で検出できる潜在的な回路過負荷をリアルタイムで警告し、リスク軽減を行います。Metered-by-outletは細かい粒度レベルの電源利用データを提供します。これにより、データセンターマネージャは負荷バランスや、施設運営経費を削減するための適正IT環境サイズを決定する際、精度の高い判断ができるようになります。また、スイッチング機能により、カスタマイズが可能な高度な電源管理が可能です。電源サイクルに関してはアウトレットレベル制御で電源のリモートオン・オフを行い、遠隔で装置を再起動し、個々のアウトレットの不正利用を制限します。ユーザーは、電源シークエンス時間遅延を利用し、回路過負荷を避けるためにどの装置をアップし、どの装置をダウンさせるかの順番を決めることができます。電流計測により、回路過負荷の可能性を警告するユーザーの定義に従い、リアルタイムで接続負荷のリモートモニタリングを行います。ユーザーは、StruxureWare、Data Center Expert、Operations、Capacity、Energy Efficiencyで使用されるAPC中央制御式管理プラットフォームと適合するセキュアウエブ、SNMP、コマンドラインインターフェイス、Telnetインターフェイスを通じてMetered-by-outlet ラック型電源分配ユニット(PDU)へのアクセス、設定、制御が可能です。 新しいAP8000シリーズのスイッチ式ラック型PDUには、リアルタイム電源モニタリング、温度・湿度センサーポート、ロッキングIECレセプタクルが含まれています。

    メリット

    可用性
    • Data Center Expertと統合されたStruxureWare - 重大な警報、監視カメラ映像および重要な情報を収集、編集、分配して、統一されたビューの複雑な物理インフラ環境をネットワーク上のいずれの場所からでも提供できる、ITにすぐに使用できるスケーラブルなアクセスモニタリングシステム
    • ファームウェアのアップグレード - ネットワークからのダウンロードを通じてファームウェアを簡単にアップグレートすることによって、将来の機能拡張に対応します。新機能がリリースされたときに、既に導入されている製品を置き換える必要はありません。 (備考: ネットワークに接続されたユニットのみ)
    • 負荷インジケータLED - ユーザーが定義した警告のしきい値に基づいて、過負荷と警告状況を示します。また、過負荷が発生する可能性のある回路について警告します(注記: ローカル電流監視機能のある装置でのみ使用可能です)。
    • 遠隔個別アウトレット制御(RIOC:Remote Individual Outlet Control) - リモート・システムからアウトレット(コンセント)を管理できるようにします。こうすると、未使用のアウトレットをオフにして過負荷を防止したり、ハングした機器に電力を再循環させたりすることができます(こうすれば、コストの高いダウン時間が防止されるとともに、保守担当者が機器の設置場所に出向く手間が省かれます)。
    • コンセントごとの電力測定機能 - 個別のコンセント レベルでの電力測定により、ラック内の機器に配電される電力をよりきめ細かく把握できます。 また、コンポーネントの電力傾向を分析して、容量計画を行うことができます。
    • Power Delays - 個々のアウトレットごとに電源をオン/オフする順序をユーザーが指定できるようにします。こうすると、起動時の突入電流が避けられます(突入電流が発生すると、電気回路に過負荷が生じたり負荷が落ちたりする可能性があります)。電源オン/オフの順序を指定すると、どのユニットに最初に電力を供給するのかを事前に設定できるため、そのユニットに依存する他の機器が正常に機能することが保証されます。
    • 局所電流監視ウィンドウ - ラックPDU当たりの電流合計をユニットのデジタルディスプレイに表示します。電流がストリップの最大アンペアに近づいたときにローカルのデジタルディスプレイで視覚的警告を発することで、回路の過負荷を防止することに役立ちます(一部のSKUのみで使用できます)。
    • アラームしきい値 - 回路の過負荷の防止するために警告のしきい値を定義します。ネットワーク警告と視覚的な警告によって、問題点が通知されます(注記: 電流監視機能のある装置でのみ使用可能です。使用可能な装置については、SKU仕様書を参照してください)。
    • ネットワーク管理機能 - ウェブ、SNMPおよびテルネットで標準ベースのマネジメントを提供するフル機能のネットワーク管理インターフェース。ラックPDUに、離れた場所からアクセスでき、構成と管理を行うことが可能なため、貴重な時間を無駄にしません。この機能に関連して、将来の製品強化のためにインストールされたユニットへのネットワークダウンロードによって、素早く簡単にファームウェアをアップグレードできる機能があります。
    柔軟性
    • 単一入力電源 - 1つの分岐ホイップから複数の機器に電力を供給するので、ラックマウント型機器への電力供給に便利です。1つの分岐ホイップと標準接続を使用することで、設置時間と費用を節約できます。

お問い合わせ

技術的なお問い合わせ、製品ご購入のご相談、修理のご依頼など、あらゆるご質問をWebフォームでお問い合わせいただけます。

製品文書およびソフトウェアのダウンロード

ドキュメント、サポート情報、証明書、CADファイル、ソフトウェアなどがダウンロードできます。

技術的なよくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)やテクニカルビデオなどカスタマーケア担当が作成したガイドを検索していただけます。