Japan

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

  • Default Alternative Text

    ITインフラ

    スケーラブルなITソリューションが、今日の課題への対処に必要な俊敏性と柔軟性をどのように提供し、今後の機会において収益をどのように増大させるのかについてご覧ください。

企業向けデータセンターソリューション

IT部門の戦略と物理インフラはすべての自動車会社にとって非常に重要であり、今日の状況を乗り切り収益を維持するだけでなく、成長を続け、将来も生き残るうえで大きな意味を持ちます。 設備のデジタル化、新しいモビリティやサービスモデル、ネットワーク接続車両や自動運転車両、さらには将来のデジタル販売店/小売店など、ニーズの原動力がどのようなものであれ、適切なIT戦略がこれほど重要視されたことはありません。

サーバールームで話し合う社員

ソリューションとメリット

シュナイダーエレクトリックは、自動車業界のお客様のITインフラに優れた価値をもたらすことができます。その範囲はクリティカルパワーと冷却、ラックから、スマート配電、ビルディングおよびエネルギー管理、セキュリティ、オンプレミスおよびクラウドベースのDCIM、モジュール式データセンターソリューションなど、多岐にわたります。また、ソートリーダーシップ、データと科学的根拠に基づくツール、教育資料、リファレンスデザインなどのツールの提供にも取り組んでいます。

自動車業界のお客様が求めているのは、拡張性、俊敏性、そして柔軟性です。自動車関連企業全体で進行しているデジタル革命のニーズだけでなく、新しいビジネスモデルとサービスによって促進されるデータ処理量やストレージ量、通信量の要件の増加(ネットワークに常時接続する車両や自動運転車両から発生する要求は言うまでもなく)にも応えられ、迅速に導入できるソリューションが求められています。
  • IoT対応のデータセンター向けEcoStruxure™

    御社のデータセンターで、今後の大規模な計画に対応できますか? 今後のモビリティソリューションやサービス、デジタルの進化に対してはどうでしょうか? スケーラブルなEcoStruxure™ ITソリューションが、ビジネスの成長への対応をどのように支援するかについてご覧ください。

  • データセンター関連の再生リスト

    シュナイダーエレクトリックがお届けするデータセンターおよびITインフラ関連の最新のケーススタディ、リファレンス、教育目的の動画をご覧ください。

    自動車業界におけるエッジコンピューティング

    エッジコンピューティングは、今日の自動車関連企業に価値をもたらしており、今後も重要な考慮事項となり続けるものと考えられます。プリファブ式/モジュール式データセンターかマイクロデータセンターかという細分性を問わず、また製造、研究開発センター、物流/配送、自動小売/販売店といった用途を問わず、自動車業界のお客様が求める拡張性、俊敏性、柔軟性を備えたITインフラ戦略の要件を実現します。

    ソリューションとメリット

    シュナイダーエレクトリックが提供するソリューションには、プリファブ式/モジュール式やマイクロデータセンターフォームファクターの物理ITインフラも含まれます。また、当社が対応する範囲は幅広く、アプリ、アナリティクスおよびサービス、エッジコントロールから、配電、クリティカルパワーと冷却、ビル制御とセキュリティハードウェア+ソフトウェア+サービスの各ソリューションにおけるコネクテッド製品など、自動車業界のエンタープライズITインフラを対象としたさまざまな要素が含まれます。

    > ITインフラの細分性の改善 – エッジコンピューティングのメリットが得られるフォームファクターでありながら、データセンターに求められるすべての機能を提供します

    > 事前設計済みで組み立て済み - プリファブ式モジュールおよびマイクロデータセンターは、管理された工場環境で仕様に合わせて正確に設計および構築されており、
    DCIMソフトウェアを利用して信頼性を高め、予想されるパフォーマンスを発揮できるデータセンターを実現しています

    > シンプルで迅速な展開 - プリファブ式およびマイクロデータセンターの各モジュールは、展開の準備が整った状態で納品されるため、設置時間とコストが大幅に低減されます。

    > ITインフラの展開にかかる時間を短縮 – 新しいアイデアやビジネスニーズを市場に投入するまでの時間が短縮されます
    過酷な環境に耐えられる設計のエンクロージャ

    • ハイブリッドクラウド環境でエッジデータセンターを設計するベストプラクティス

      エッジコンピューティングインフラを展開する場合の考慮事項について検討しています。

    • プリファブ型データセンター

      スペインのバルセロナにあるシュナイダーエレクトリックのプリファブデータセンター製造施設をご紹介します。

    • マイクロデータセンターの概要

      マイクロデータセンターソリューションは、自動車業界のお客様が導入しているエッジコンピューティング環境において、さまざまな使用事例を持つソリューションです。遅延を縮小し、物理的なセキュリティを高められるほか、データ集約型アプリケーションの近くにIT機器を配置することができます。

      データセンターインフラストラクチャ管理

      当社の自動車業界のお客様は、企業向けデータセンターから地域や施設レベルのITインフラまで、世界各地で設備を所有しています。このようなインフラこそ、お客様が成功を収めるうえで不可欠な要素です。シュナイダーエレクトリックでは、どのようなITインフラでも完全な可視性と制御性を得られるように、さまざまなオンプレミスおよびクラウドベースのソリューションを提供しています。

      ソリューションとメリット

      画期的なDCIMソフトウェアスイートは、サーバーレベルからビルレベルまで可視化します。データセンターのマネージャーは、データセンターのライフサイクル全体を通してエネルギー消費を削減し、システム稼動時間を確保し、計画および運用パフォーマンスを改善できます。

      柔軟なレポート作成機能により、全社のステークホルダーに現状と将来の容量ニーズを簡単に報告できます。管理ソフトウェアにより、ビル、電力、ITルーム全体へのアクセスが提供されます。

      > 一元的なリアルタイムのデバイス監視

      > 重要なインフライベントの迅速な故障通知

      > クラウドベース、オンプレミス、または両者を組み合わせて冗長性を持たせた展開

      > マルチベンダーの物理インフラをプロアクティブに管理

      > メーカーを問わずネットワークに接続されたデバイスを監視

      > ユーザー定義レポートとグラフを生成

      • DCIMが重要になる現実世界の10のシナリオ

        データセンターインフラストラクチャ管理は、自動車業界向けエンタープライズITインフラを根本的に変革します。

      ライフサイクルサービス

      物理インフラは、ビジネス要件やIT要件が変わっても、施設設計の仕様通りのパフォーマンスを継続的に満たし続けることが期待されます。ライフサイクルの各段階で何が起こるのか、主要な管理タスク、潜在的なリスク、ある段階が次の段階にどのような影響を及ぼすかといった大局的な状況の理解は、組織がデータセンターのコスト、展開スピード、可用性、および効率の目標を達成するために役立ちます。

      ソリューションとメリット

      メンテナンス: 重要なアプリケーションが常に最適なレベルで動作できるよう適切なメンテナンスを行うための、包括的なサービスポートフォリオをご利用いただけます。

      運用: 実証された方法論と包括的な手順に基づく複数のオファーを提供しています。

      監視: 継続的なオンサイトまたはリモートデータセンターにより、可視性と制御を維持しながら、より速く正確に問題を予測、特定、解決できます。

      最適化: データセンターを確実に最適化し、最高のパフォーマンスを実現します

      > 他社より充実したメンテナンス、操作、監視および最適化サービスを提供します

      > 世界各地の数千か所のデータセンターから知見を得ています

      > データセンターインフラのラック、列、および室内のあらゆるコンポーネントのメンテナンスと最適化を行うオンサイトおよびリモートリソースを提供します

      • データセンターライフサイクルサービス - データセンターの評価、計画、設計、構築、運用

        シュナイダーエレクトリックが、データセンターの評価、計画、設計、構築、運用をどのように支援できるのかについてご覧ください。

        詳細を見る
      • 高度なオペレーター向けトレーニング

        UPSトポロジー、冷却の懸念事項と問題、可用性の測定、関連するその他のインフラの可用性などのトピックを取り上げます。