Japan

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

別の国を選択し提供している製品をご覧いただけます。また、グローバルWebサイトでは会社情報をご覧いただけます。

別の国または地域を選ぶ

  • Default Alternative Text

    スマートマニュファクチャリングソリューション

    EcoStruxureは、シュナイダーエレクトリックが提供するオープンで相互運用可能なIoT対応のシステムアーキテクチャおよびプラットフォームであり、最新のIoT、モビリティ、センシング、クラウド、アナリティクス、サイバーセキュリティを活用しています。その包括的なオファーには、コネクテッド製品、エッジコントロール、アプリ、アナリティクスおよびサービスなどが含まれます。

自動車業界向けデジタルプラント

デジタル化が当社の自動車業界のお客様に与える影響は、産業用オートメーション用途全体に及んでいます。ビジネス需要のスピードは加速し続けており、安全性、効率性、信頼性、柔軟性、可用性などの要素を改善し、環境リスクを低減して収益性を向上させるためにリアルタイムのスマート制御が求められています。

ソリューション

シュナイダーエレクトリックが持つ広範な産業用テクノロジーとIIoTの専門知識を組み合わせることで、企業のあらゆるレベルにおいてイノベーションをもたらすことができます。コネクテッド製品からエッジコントロールやアプリ、アナリティクス、サービスまで、お客様の資産や既存のオートメーションと制御を接続して最適なパフォーマンスを実現します。

> ビジネスを管理するのではなく完全に制御できるようにします

> お客様とお客様のチームによるリアルタイムの認識を推進します

> バリューチェーン全体に渡って自動車プラントとマシンを接続し、生産効率だけでなく、安全性、信頼性、柔軟性も最適化します。

  • オートメーションの未来

    オートメーションの未来が、より高い運用収益性、安全性、サステナビリティを備えた新しいビジネスモデルの可能性を開きます。当社でビジネスイノベーションおよびマーケティング担当副社長を務めるPeter Martinが、この新しいエキサイティングなビジョンについて説明します。

  • 次世代のMachineStruxure™

    シュナイダーエレクトリックが提供する次世代のMachineStruxure™をご紹介します。最終損益を改善するマシンの構築に必要なすべての機能を備えたマシンオートメーション対応の直感的なソリューションです。

  • M580 PLC: 世界初のePAC

    Modicon M580 ePACコネクテッドコントローラーは、現在と未来のどちらの課題にも対処できる製品です。産業オペレーションが、これまで以上に容易で効果的かつ効率的になります。

  • EcoStruxure™: オープンなIoT対応システム

    シュナイダーエレクトリックは、ビジネスの安全性、信頼性、効率性、持続可能性、接続性を高めることに重点を置いています。これを推進するのがEcoStruxure™という単一のオープンなIoT対応システムであり、あらゆるレベルでのイノベーションを実現します。

    産業用制御/コネクテッド製品

    自動車業界におけるデジタル化のメリットは、コネクテッド製品/運用テクノロジーのレベルから始まります。当社のソリューションにより、製造施設全体の数千に及ぶ資産からさまざまな情報を得ることができます。データを実用的な情報に変換することで制御性を向上させることができるため、製造工程や設備に対する優れた制御が実現し、最終的にはビジネス全体の制御も可能になります。

    ソリューションとメリット

    組み込みの接続性とインテリジェンスが、スマートセンシング、組み込みコンピューティング、IPネットワーキング、エッジアナリティクスを実現します。これらの機能により、コネクテッド製品の発見とオンボーディング、デバイスの構成とメッセージング、デバイスデータの収集と保存、ローカル分析の実行機能と容易な設定、デバイスレベルでのアップグレードが可能になります。

    オペレーション全体の制御、管理、オートメーション、最適化を行う構成ブロックとして、オンプレミスまたはクラウドのいずれでも機能します。ハードウェアに依存しない接続機能、ドライバ、ツールキット、テンプレートのスイートにより、お客様はプロセス情報だけでなく製造および機器データも集約できます。
    • スマートなATV 340 ドライブ

      Altivar Machine 340は、構築コストを削減し、高品質の装置を構築するのに役立ちます。これにより、スマートマシンの時代において優位に立つことができます。

    • 電磁接触器 TeSys D Greenの特長とメリット

      TeSys D接触器は、制御システムでの完全な統合を目的として設計されており、100 mAまたは500 mAのデジタルI/Oに対応する固有のリファレンスBLまたはBBEです。

    • Harmony無線プッシュボタンシステム

      XB5Rプッシュボタンは、機械的エネルギーを電気エネルギーに変換するため、電池は必要ありません。無線信号により優れた自由度とモビリティがもたらされ、リモート制御が可能になります。

    • シュナイダーエレクトリックが提供するEcoStruxure™ Power接続ソリューション

      電気システムは、シュナイダーエレクトリックのSmart Panelsを使うことでスマートに監視できます。革新的なソフトウェアを備えた最先端のハードウェアを接続することで、電気パネルをパートナーとして活用できます。

      自動車業界向け拡張現実、仮想現実、複合現実

      イマーシブトレーニングやオペレーションの強化といった分野では、デジタル化によって新しいアプローチや進化したアプローチが実現します。たとえば、安全性やメンテナンス、オペレーターなどのデジタルトレーニングは、性質が異なる大量のデータをチームにとって実用的な情報に変換するのに役立ち、適切な判断をより迅速に行えるようになります。お客様は社内の運用効率を改善できるだけでなく、新しい価値提案や自社ビジネスの成長に向けた新しい機会も実現できます。

      ソリューションとメリット

      正確な2D/3Dレンダリングエンジン、位置認識ナビゲーション、2D/3Dシーン認識、オープンな情報接続、ハードウェア非依存、リモートサポートなどは、当社が提供する価値の一部にすぎません。このような優れたテクノロジーのメリットを享受していただけます。

      > 人員とプラントの両面で安全性を改善します

      > 関連情報へのアクセスを強化することで透明性をもたらします

      > 意思決定の品質を改善し、生産性とシステムの可用性において効率を向上させます

      > オープンな接続性 – ハードウェア/システムに依存しません

      > ビッグデータのインサイトからメリットを得られます

      • 仮想現実によるトレーニングの強化

        小規模なアプリケーションから大規模な製造サイトまで対応します。

      • 拡張現実を採用する理由

        全社的な資産管理や安全性、さらには意識までもが、拡張現実などのテクノロジーによって転換できます。これにより、システムまたは製品のライフサイクル全体を通じて価値が強化されます。

      • 目的の製品情報を瞬時に確認

        EcoStruxure Augmented Operator Advisorは、拡張現実によって運用効率を改善します。オペレーターは、最新のデータや仮想オブジェクトをキャビネットやマシン、プラントに重ねて表示できます。

      • IoT対応の産業向けEcoStruxure

        工場の現場から管理層まで、企業ではさまざまなことが起こります。オペレーションとITを相互接続することで、あらゆるレベルのイノベーションが起こり、より多くの成果を期待できます。

        製品とソリューションの検索

        デジタルコンプライアンス管理

        コンプライアンス管理は、自動車業界のバリューチェーン全体で重要な懸念事項となっています。キャリブレーション管理やシステムおよびコンポーネントのテストといったトピックからメンテナンスまで、製造プロセスと施設インフラには、サプライチェーンを通じて管理する必要があるさまざまな領域が存在します。これらは運用面から見て困難を伴うタスクであるとともに、情報管理の視点から考えるとさらに複雑なものになります。

        新しい作業計画について話し合うマーケティングチーム

        ソリューション

        シュナイダーエレクトリックのEcoStruxure EOS Advisorを使用すると、グローバルバリューチェーン全体のコンプライアンス管理をコントロールすることができます。熱処理などの領域のキャリブレーション管理でも、指定/推奨または規定されたテスト作業や修復作業が求められる機器およびシステムの管理でも対応可能です。その範囲は全社的な視点からスマートデバイスアプリケーションにまで及びます。

        > 機器の効率が向上

        > いつでもどこからでもコンプライアンス状態の概要を確認

        > 過去の状況と現状を確認して、今後のプランニングに活用

        > QRコードを使用して、機器から証明書にすぐにアクセス

        > 堅牢な汎用のワークフローを確立

        > キャリブレーションを自動的に計画、スケジュール、展開

        > データ収集、検証、補正、承認のワークフローを設定

        > ヒューマンエラーのリスクを低減

        > 間違いを生みやすい紙ベースおよびスプレッドシートベースのプロセスを排除

        > eCATタブレットアプリが、業界標準(ISO17025、AMS2750E、GAMP)に適合する再現可能で正確なキャリブレーションを支援

        > 検索を簡素化

        > 複数サイトのリアルタイムのステータスレポートを取得

        > コンテキスト(プラント、サイト、設備、機器、チャネル)別にデータを表示してドキュメントを取得

        > 現在のステータスに関するコンプライアンスドキュメントを検索することによる予定外のダウンタイムを回避

        • EOSで常に監査に備える

          画期的なEurotherm Online Servicesをご紹介します。いつでもどこからでもリアルタイムのコンプライアンス状態と証明書にアクセスできます。

        資産ライフサイクルサービス

        プランニングおよび導入時から最新化まで、プロジェクトのすべてのステップをカバーするサービスです。技術的にもビジネス的にも最適なパフォーマンスを確保できるようお手伝いいたします。シュナイダーエレクトリックのフィールドサービスエンジニアは、当社がメーカーとして培った30年以上の経験と最新のテクノロジーを組み合わせることで、当社オファーのあらゆるレベルだけでなく、お客様のプロジェクトのあらゆるステップにイノベーションをもたらします。

        ビデオ会議でエンジニアと話し合うアーキテクトとプロジェクトマネージャー

        ソリューションとメリット

        クリティカルなシステムとインフラを最良の状態に維持するのは容易ではありません。幸いなことに、その仕事を手伝ってくれるパートナーが存在します。シュナイダーエレクトリックのフィールドサービスエンジニアがどこにでも駆け付け、グローバルリーダーがプロアクティブなガイダンスを提供します。当社の柔軟なアプローチと完全な透明性は、現在だけでなく将来にわたっても、コスト管理とピーク性能での運用に役立ちます。

        > フィールドサービスのスケジュール、割り当て、派遣、レポートを完全に把握できます

        > ROIの見積もりを計画することで、インフラとサポートサービスのどちらへの投資についても正当性を容易に示すことができます

        • プラントサービス

          人と物の安全性を強化し、停電のリスクを軽減し、機器の可用性を向上させることで生産性を最大限に高めながら、配電インフラの寿命を延ばします。

        • 予防保全

          予防保全用診断ツールを使用すると、機器の状態に関する洞察と、その最適化方法に関する専門家のアドバイスを得られるため、プロアクティブな管理が可能になります。

        • データセンターライフサイクルサービス(DCLS)

          サービスはデータセンターの設計、立ち上げ、ピーク性能での運用だけでなく、可用性を確保するうえでも重要な役割を果たします。

        • ライフサイクルサービス

          当社の柔軟なアプローチと完全な透明性は、現在だけでなく将来にわたっても、コスト管理とピーク性能での運用に役立ちます。

          製品とソリューションの検索