シュナイダーエレクトリックのブランド

ロケーションを選択

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

データセンターの持続可能性の実現

投資家レベルでも消費者レベルでも、データセンターにとって、持続可能性の優先順位が高まっていることは論を待ちません。。実際、最新の451 Researchレポートでは、調査に応じたデータ専門家の57%が持続可能性は競争上の優位性であり、ほとんどの顧客が持続可能性を自社のビジネスに期待していると答えています。

しかし、持続可能性が必須になると、どうなるでしょうか?

シュナイダーエレクトリックでEcoStruxureソリューション担当SVPのKevin Brown氏が、データセンターの持続可能性に関する全体的なアプローチとビジネス目標の達成について話し合う、この円卓会議を内容を聞いてみましょう。

すぐに見る  新しいウィンドウで開きます。

クラウド&サービスプロバイダー向けEcoStruxureソリューション

より複雑で電力に敏感な "New Electric World" では、データセンターは計画外のダウンタイムや非効率な電気運用の増加、機器の故障が頻発するリスクに直面しています。これらはすべて、設備投資の増加につながり、場合によっては大きな財務損失につながります。 

データセンターの重要な用途の信頼性を確保するように設計された、革新的な低電圧、中電圧配電製品をご覧ください。

信頼性と安全性で設計された電気インフラソリューションを最大限に活用します。

安全性:お客様のセキュリティを守るイノベーション。

信頼性:長時間持続するパフォーマンスにより運用の継続性を維持し、コストのかかるダウンタイムを回避

拡張性:革新的で反復可能な電源容量ソリューション

クラウド&サービスプロバイダー向けソフトウェア、製品、サービスを見る

EcoStruxure Resource Advisor

EcoStruxure IT Advisor

 

EcoStruxure Asset Advisor

AVEVA Unified Operations Center

 

モダナイゼーションサービス

気候変動アドバイスサービス

451 Research®グローバルスタディデータセンターと持続可能性

451 Research®は、テクノロジーおよびサービスプロバイダー、ITリーダー、財務専門家を強化するための重要なデータ洞察を生成し、マルチテナント型データセンターの効率と持続可能性を分析し、市場の機会を最大限に活用できるようにします。

高度なマイクログリッドが稼働時間の目標をサポートする方法

私たちはデータ主導の世界に生きています。そのため、データセンターは24時間稼働しなければなりません。高度なマイクログリッドは、稼働時間を最大化し、二酸化炭素排出量ゼロの導入、重要な電源の管理、極端な気象条件におけるグリッドの耐障害性の向上に役立ちます。

クラウド&サービスプロバイダー向けの導入事例を見る

未来のデータセンターに関する最新の洞察を見る

ハイブリッドクラウドアーキテクチャの進化

シュナイダーエレクトリックのイノベーション、データセンター担当副社長、Steve Carliniが率いるハイブリッドクラウドアーキテクチャの進化に関する独自のセッションを聴いてみましょう。

データセンターの強化とデジタル化

シュナイダーエレクトリックのセキュアパワー部門、EVPのPankaj Sharmaが、データセンターの電力供給とデジタル化について紹介します。不確実性の時代に、データセンターをデジタル化することが企業にとってどのような重要な役割を果たすかについて語ります。

障害耐性のある持続可能なエッジの構築

シュナイダーエレクトリックのセキュアパワー部門のKevin Brown (SVPおよびCMO)が率いる特別なセッションで、当社が信頼性と耐障害性に優れた方法でお客様のデジタル変革を強化する方法をご覧ください。

また、次の項目に関心を持っている場合もあります。

<!-- Start SmartBanner configuration --> <meta name="smartbanner:title" content="mySchneider"> <meta name="smartbanner:author" content="Schneider Electric SA"> <meta name="smartbanner:price" content="無料"> <meta name="smartbanner:price-suffix-apple" content=" - On the App Store"> <meta name="smartbanner:price-suffix-google" content=" - Google Play"> <meta name="smartbanner:icon-apple" content="//lh3.googleusercontent.com/lAVirntKlp63vbntUZvOkMvZI8fE4rIoA5Lwif9M09VxzFhcWE21sTDYqJqOqIPqg4m4=w300-rw"> <meta name="smartbanner:icon-google" content="//lh3.googleusercontent.com/lAVirntKlp63vbntUZvOkMvZI8fE4rIoA5Lwif9M09VxzFhcWE21sTDYqJqOqIPqg4m4=w300-rw"> <meta name="smartbanner:button" content="詳細"> <meta name="smartbanner:button-url-apple" content="http://m.onelink.me/e5bff3e5"> <meta name="smartbanner:button-url-google" content="https://app.appsflyer.com/com.schneider.qrcode.tocase?pid=Web&c=Smart_app_bannerJP"> <meta name="smartbanner:enabled-platforms" content="android"> <!-- End SmartBanner configuration --> <link rel="stylesheet" href="[PublicationUrl]/assets-re1/css/smartbanner.min.css" /> <script type="text/javascript" src="[PublicationUrl]/assets-re1/js/smartbanner.min.js"></script>