シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

ビジネスリーダーが協力してスコープ3排出量を削減

持続可能な運用とネットゼロの目標を実現することは、チームの努力です。
シュナイダーエレクトリックが、PepsiCo、Walmart、GSK、Amy's Kitchenなどの企業と協力して、サプライチェーンと当社のサプライチェーン全体で持続可能性をどのように推進しているかをご紹介します。

サプライチェーンの脱炭素サービス

データとダッシュボードを超えて、情報を行動に変えましょう。

医薬品の持続可能な未来​を形作る

GSKでは、事業継続性の確保と、競争力のあるエネルギー購入の実現を求めています。

シュナイダーエレクトリックのゼロカーボンプロジェクトが、システム全体の気候変動対策を先導

私たちは、ネットゼロへの道にサプライチェーンパートナーを積極的に巻き込みます。当社のゼロカーボンプロジェクトは、2025年までに上位1,000社のサプライヤーの二酸化炭素排出量を半減させることを目指しています。これまで行ってきた取り組みにより、当社は「グローバルで最も持続可能なサプライチェーン組織」という称号を獲得しました。
ニュースを見る 新しいウィンドウで開きます。

当社の専門家にご連絡ください

チャット

ご不明な点やサポートが必要な場合は私たちがお手伝いします。

シュナイダーのサプライチェーン脱炭素化戦略とは?

シュナイダーでは、堅牢なエンゲージメント戦略を作成し、サプライヤーの能力を構築し、ビジネスの信頼性を向上させることで、環境に大きな影響を与えるようサプライチェーンプログラムを支援します。当社は企業と協力して、サプライチェーン全体で持続可能性を推進し、業務を環境に優しく公正なものにします。

サプライチェーンの脱炭素化は、持続可能で包摂的な未来をどのように実現できますか?

スコープ3排出は、全セクターの75%を占めており、中小規模および大規模サプライヤーはこれらの排出の重要な潜在的推進力です。これに対処し、ネットゼロを実現するために、企業は持続可能なサプライチェーンパートナーを教育し、サポートする必要があります。当社は、サプライヤーのエンゲージメント、測定、戦略設定、効率性、再生可能エネルギーの調達、カーボンオフセットによる実施を組み合わせ、実用的で戦略的なアプローチをクライアント企業に提供しています。

気候変動対策の一環として、当社はお客様のためにサプライチェーンの脱炭素化についてどのような課題をカバーしているのでしょうか?

当社のグローバル持続可能性コンサルティングチームは、お客様の組織全体で利用できるテクノロジーとデータを活用した包括的な持続可能性戦略を提供し、オペレーションによる環境フットプリントの削減、再生可能エネルギーの購入、およびすべての規制に対するビジネスコンプライアンスを維持できます。私たち全員がエコシステムの一部であることから、私たちは、定期的にクライアントに経験を共有してもらい、他の企業が同様の課題に取り組み、グリーンへの移行を促進することで、共同アプローチを活性化し、知識の共有を促進することを信じています。