{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

バッテリ交換手順 (SMT1200RMJ1U ラックマウント・ユニット)

APC Smart-UPS 1200VA RM 1U LCD 100V (型番: SMT1200RMJ1U)のバッテリ交換手順についての説明です。

【はじめに】
                                                                
    
本体写真:SMT1200RMJ1U
APC Smart-UPS 1200VA RM 1U LCD 100V
バッテリ型番: APCRBC88J
SMT1200RMJ1U 交換用バッテリキット


APC Smart-UPS 1200VA RM 1U LCD 100V のバッテリ交換される際は 型番: APCRBC88J (製品名: SMT1200RMJ1U 交換用バッテリキット)を予めご用意ください。
尚、バッテリご購入前にはご所有のUPS本体上面天板のバーコードラベル、もしくは前面ベゼルを取り外した筐体左側に貼ってあるシールにて製品型番が"SMT1200RMJ1U"であることをご確認ください。

【バッテリ交換手順】

1. フロントベゼルを外します。

2. バッテリコネクタを外します。

3. バッテリカバーのネジを外します。

4. バッテリドアを外します。


5. バッテリトレイの引き出しタブを持って、バッテリトレイをゆっくりと装置内部から半分ほど引き出します。
   次いで、バッテリトレイ底面をしっかりと持って、UPS内部からバッテリトレイを取り出します。
   (バッテリトレイの質量は約10Kgです。)

6. 交換用バッテリキットを下図のように静かにスライドさせ挿入します。

7. バッテリドアを取り付けます。

8. ネジを取り付けます。

9. 交換したバッテリトレイのバッテリコネクタを下図のようにUPS本体のコネクタと接続します。
   接続した後にコネクタが、しっかりと挿入されていることを確認してください。
   注意:通常、接続中にバッテリの接続部に多少の火花が散りますが、問題はありません。

10. ベゼルを取り付けます。
 
* ホットスワップでバッテリー交換を行った後に ディスプレイにメッセージが表示されます。
     また、セルフテストが実行されるまで、バッテリー交換LEDは消灯しません。
     対処方法は下記の [ホットスワップ交換後の操作] を参照してください。
 
 
【ホットスワップでのバッテリー交換について】
Smart-UPSはホットスワップでのバッテリ交換が可能です。下記注意点を確認のうえ交換してください。

・UPSからバッテリを外している間、UPSは負荷機器の保護ができず電源障害が発生した場合、UPSならびに負荷機器が停止します。
  頻繁に電源障害が発生している場所でご使用されている場合や重要な機器を接続されている際のUPSのバッテリ交換につきましてはUPSを停止した上でバッテリ交換をすることを推奨いたします。

[ホットスワップ交換後の操作]
・ バッテリー交換後に表示されるメッセージ
    バッテリーを交換した後に新しいバッテリを取り付けたかを確認するメッセージがディスプレイ上に表示されます。
    交換を実施した場合には "Yes" を選択します。
   (New Battery Installed : No)、 上下ボタンで"Yes"を選択し、"Enter"ボタン押し、バッテリの取り付け年/月を設定後、再度"Enter"ボタンを押してください。

・ バッテリー交換LEDを消灯させる
    バッテリ交換LEDが点灯している場合、ホットスワップによるバッテリー交換を実施しても、バッテリー交換直後はLEDは点灯したままとなります。
    交換直後のバッテリ交換LEDを消灯させるためには、バッテリーを十分にチャージした後に手動でセルフテストを実行いただくか、
    定期的なセルフテスト(デフォルトで2週間に一度)をお待ちいただくことで、UPSが新しいバッテリと認識しLEDが消灯いたします。
    手動のセルフテストは、本体メニュー画面から [Test & Diags・テスト&シンダン] -  [UPS Self Test・UPS セルフテスト] - "Yes" を選択して、”Enter”ボタンを押してください。

 [バッテリー搭載時期]
 電源を停止した状態で、バッテリー交換をした場合には、交換確認メッセージは表示されません。
 バッテリー交換日付は次の操作にて設定可能です
 ディスプレイメニューがAdvancedになっている状態で設定します。
 [Configuration・セッテイ]  - [Battery InstallDate ・ バッテリ インストール ヒヅケ]を表示し、”Enter”ボタンを押下して点滅したら、月と年を設定します。 


【ご注意】
・重量物ですのでバッテリの取り扱いには十分注意して作業を行ってください。
・本体を運搬する際は機器を水平に保ち移動してください。
・通常、接続中にバッテリ接続部での多少の火花が飛ぶことがございますが、問題はありません。