{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

UPS Interface Expander 2 (AP9624) コンセントグループ対応のUPSでの動作と注意点

このページでは、UPS Interface Expander 2 (AP9624)をコンセントグループ対応の
Smart-UPS SMTシリーズ, SMXシリーズ, SRTシリーズで使用する際の動作について説明しています。

【対象製品】
AP9624 UPS Interface Expander 2を対象UPSモデルで使用する場合
PowerChute Serial Shutdown for Business
PowerChute Business Edition (販売終了)

【対象UPSモデル
[メインコンセントグループのタイプ]
・Smart-UPS SMTシリーズ (1000VA以上)
SMT1000J, SMT1500J, SMT2200J, SMT3000J
SMT1500RMJ2U, SMT3000RMJ2U

[個別コンセントグループ制御]
・Smart-UPS SMTシリーズ
SMT1K2RJ1U, SMT1200RMJ1U

・Smart-UPS SMXシリーズ
SMX3000RMJ2U, SMX3000RMHV2UJ

・Smart-UPS SRTシリーズ (5KVA以上は非対応)
SRT1000XLJ, SRT1500XLJ, SRT2400XLJ


【概要】
UPS Interface Expander 2では、DIPスイッチでシャットダウン設定が可能ですが、
コンセントグループの制御に対応していません。

コンセントグループを備えたUPSで使用する場合、以下のように動作します。
・UPS本体がシャットダウンする場合にInterface Expander 2はシャットダウンプロセスを開始するシグナルを発行します。
・UPS本体がシャットダウンせず、コンセントグループ単位でシャットダウンが実行される場合には、
Interface Expander 2はシャットダウンプロセスを開始しません

このため、コンセントグループを備えたUPSモデルで使用する場合、以下の注意点があります。

・メインコンセントグループを備えたSmart-UPS SMTシリーズで、
マスターサーバーがメインコンセントグループに接続されており、
電源障害時にメインコンセントグループをオフにする設定の場合には
電源障害時に Interface Expander 2に接続されているシンプルシグナルのコンピューターが接続されているコンセントグループは、
個別に制御しないでください。

・個別コンセント制御が可能なUPSの場合も個別に制御せず、同時にシャットダウンを開始するように設定してください。

Interface Expander 2からシグナルを受けるコンピューターは
先に停止する設定にしてあるコンセントに接続しないように注意し、
UPS全体のシャットダウンの設定を確認し、接続、設定をしてください。

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る