{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

Network Management Card 2 (AP9630J, AP9631J) v6.x以降 ユーザーアカウント"apc"をDisableにした場合の復旧方法

Network Management Card 2のファームウェア v6.x 以降では、管理者権限のユーザー名 " apc " が固定で存在ます。
このユーザー " apc " を削除できませんが、管理者権限をDisableにすることで無効化できます。

ここで、他のユーザー名の管理者権限を作成する前にDisableにしてしまった場合には、管理者権限でのログイン、設定ができなくなります。
" apc " の他に管理者権限のユーザーを設定前にDisnableにしてしまった場合の復旧方法を記載します。

下記の作業のなかで、Network Management Cardのリセットやリブートの操作がありますが、UPSの出力には影響ありません。

【対象製品】
Network Management Card 2 (型番 : AP9630J, AP9631J)
ファームウェアバージョン : v6.0 以上


【事前準備】
設定にあたり、下記を用意してください
・Network Management Card 同梱のシリアルケーブル
シリアルポートのコネクタ部分に刻印で940-0299の記載のもの
・シリアルポート, シリアル変換アダプターなどでHyperTerminalなどターミナルソフトが利用可能なコンピューター
・針金のような細い棒

【手順】
1. コンピューターとNetwork Management Cardのケーブル接続
Network Management Card 付属のシリアルケーブルでコンピューターと接続します。
コンピューターのD-Sub 9pinのコネクターをシリアルポート、もしくはUSBシリアル変換ケーブルのシリアルポートに
付属シリアルケーブルのD-Sub9pin、Network Management CardにはConsoleと書かれたコネクタに付属シリアルケーブルのミニプラグ3.5mmを挿入します。

2. Network Management Card との通信設定

ターミナルソフト (HyperTerminalなど)を起動して、

ポート設定: 9600bps
データビット: 8
パリティ: なし
ストップビット: 1
フロー制御: なし

に設定します

3. Network Management Cardにターミナルソフトでのアクセス
ターミナルソフトでアクセスし、Enterボタンを数回押下して、User Nameと表示されることを確認します

4. Network Management CardのResetボタン操作

Network Management CardのResetと明記されている穴に針金など細い棒をを差し込み内部のボタンを押下します
ステータスLEDが、" オレンジと緑の早い交互点滅  "になったら、点滅中に再度Resetボタンを押下します

5. 復旧したapcユーザーログイン
ターミナルソフトをEnterボタンを数回押すと、再度User Nameをきかれますので、仮復旧している " apc "ユーザーでログインします。
User Nmae :     apc
Password :       apc
でログインします。

6. apcユーザーの有効化
表示されているコマンド入力の画面で、下記をコマンド入力
user -n apc -e enable  (エンター押下)
コマンドが受付けられると successと表示されます。

7. 仮パスワードの設定
ユーザー名 apcのパスワード apcの場合にコマンドで入力
user -n apc -pw apc  (エンター押下)
コマンドが受付けられると successと表示されます。

8. 設定の反映
設定を反映させるためNetwork Management Cardをリブートし以下をコマンド入力
reboot  (エンター押下)
YES (エンター押下)

上記の作業にて、Webブラウザより再度ユーザー名 apc, パスワード apcでログインできます。

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る