{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Network Management Card 2(AP9630J、AP9631J) Self-Test PassedのE-Mailの停止方法

Network Management Card 2にブラウザでアクセスし[ Configuration ] -> [ Notification ] -> [ Event Action ] -> [By Event] -> [ Diagnostics ]を選択し
『UPS: Self-Test Failed』のE-Mail送付を停止することで、UPS Self-Test Passedの送信も停止されます。
 

[ Configuration ] -> [ Notification ] -> [ Event Action ] -> [ By Group ] で informationイベント解除いただいてもSelf-Test Passedは停止しません。
これは、Network Management CardのE-Malの設定についてはcritical(致命的)、warning(警告)レベルのイベントと、それのイベントが解除された情報(information)は対となっています。
このため、どちらか一方のイベントを解除することはできません。

なお、UPS: Self-Test Failedについては、バッテリのコンディションをテストする機能で
失敗した場合記録され、バッテリー交換を促すUPS: At least one faulty battery exists.が一緒にメール送信されます。
このため、UPS: Self-Test FailedのE-Mail 送信を止めた場合についてはバッテリー交換については
UPS: At least one faulty battery existsをもって、Self-Test Failedを検知したものとしてください。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。