{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

シグナリング製品/ 音声合成警報器で音声内容を変更する際、どういった型式で注文すればよいですか?

【対象機種】
SV-15A4PB、SV-38A4B、SV-21DPB、SV-25A4B、SV-31A4PB、AHVNB、SV-54B4B、SVK-21A4-B、
ACVPB-M、AHVKB、UTLVB、GTLVB、UTKVB、GTKVB

※モジュール型式は全電圧同じ型式となります。
※上記対象機種は「モジュール」と呼ばれる音声を収録した基板を差し替える事で音声変更を行います。


音声合成警報器の音声変更等を行う場合、下記型式を代理店様に連絡をお願いします。

ご注文型式:0MEM-MOD-8M(製品型式)
※最初の文字は数字の「0(ゼロ)」になります。

例:SV-21DPBのモジュールを購入する場合
型式:0MEM-MOD-8M(SV-21DPB用)



【注意事項】
・ご注文、お見積もりの際は製品に収録する音声内容のご指示をお願いします。
・モジュールの変更方法につきましては各製品の取扱説明書に掲載を行っておりますのでご確認をお願い致します。
・現在ご使用の製品内にあるモジュールのデジタルへの返却は必要ありません。
旧タイプの製品はモジュールではなくEP-ROMを搭載している為、ご注意ください。(EP-ROMとモジュールは互換性はありません。)
(銘板に記載されている本体型式に「B」が含まれないものがEP-ROM搭載機種となります。)

 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。