{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Network ShutdownをHyper-V環境で使用中、シャットダウン処理が進まなくなる

このページでは、PowerChute Network Shutdownで、UPSの電源障害によるシャットダウン処理が進まない問題について説明しています。
(2019年9月30日更新)

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown for Virtualization v4.0, v4.1およびv4.2

【問題の概要】
PowerChuteがUPSの電源障害を検知し、シャットダウン処理を開始した際に、重大イベント発生の後に以下のイベントが記録され、
そのままシャットダウンが進まなくなる事があります。

日本語:「VM起動が進行中です。シャットダウンが開始される前に、PowerChuteは起動待機時間が経過するまで待機します。」
英語 :「VM startup is in progress. PowerChute will wait for the startup delay to elapse before shutdown is triggered.」

【問題の発生条件】
以下の2つの条件下で本事象が発生する可能性があります。
1. "Hyper-Vサポートを有効にする"でPowerChuteをインストールしている
2. 仮想マシン起動(Enable VM Startup)を有効にしている

【原因】
PowerChuteは自身がシャットダウンした仮想VMの一覧を一時的にリストに保存し、次回の起動処理時にその情報を読み込みますが、
そのリストの更新が適切に行われなかった場合に本事象が発生します。
PowerChuteは次のリスト更新処理が滞り、結果シャットダウン処理が進まなくなります。

【回避方法】
以下のどちらかの方法で本事象を回避することが可能です。
手順の詳細は【回避方法(詳細)】を参照してください。

回避策(1): "仮想マシン起動の有効化(Enable VM Startup)"を無効に設定し、Hyper-Vの起動機能を設定する
        →上記により、PowerChuteはHyper-V上の仮想マシンの起動は行いません。Hyper-Vの機能(設定)に沿って仮想VMが起動します。

回避策(2):本ページに添付されている"PowerChute.psm1"と"startvm.ps1"のファイルを置き換えてください。

尚、PowerChute Network Shutdown v4.3ではこの問題が回避されていますので、v4.3へのアップグレードを推奨しております。

【回避方法(詳細)】

回避策(1)について>
1. PowerChuteの管理画面にログインします:(https://<PowerChuteのサーバIPアドレス/FQDN>:6547。
2. "仮想化設定">"仮想マシンのシャットダウン/起動">"VM起動"のチェックボックスを外します
3. Hyper-V上の仮想マシンの設定から、自動開始アクションを適切に設定してください
(詳細はHyper-Vのマニュアルを参照してください)

※Hyper-Vの自動開始アクションを"サービスが停止したときに実行されていた場合は自動的に起動する"を選択する場合は、
PowerChuteの"VMシャットダウン"も無効にすることを推奨します。
本設定により、仮想VMの停止/起動処理は、すべてHype-V側の設定で制御することになります。

回避策(2)について>
事前に本ページから置き換えファイル(Replace.zip)をダウンロードし、PowerChuteのマシンにコピーしてください。

1. PowerChuteのServiceを一度停止します
→コントロールパネル>管理ツール>サービス>PowerChute Network Shutdown)>サービスの停止
2. 以下のディレクトリに保存されている2つのファイル("PowerChute.psm1", "startvm.ps1")の名前を変更します
→<PCNSインストールフォルダ>\group1\psScripts
変更前)"PowerChute.psm1", "startvm.ps1"
変更後)"back.PowerChute.psm1", "back.startvm.ps1"
3. 本ページに添付されている"PowerChute.psm1"と"startvm.ps1"のファイルを上記フォルダにコピーしてください
4. <PCNSインストールフォルダ>\group1\VirtualizationFileStore.propertiesをテキストエディタで開き、記載されているすべての情報を削除してください
  ※ファイル自体は削除せず、中身が空白のファイルとして保存してください。
5. PowerChuteのServiceを開始します
→コントロールパネル>管理ツール>サービス>PowerChute Network Shutdown)>サービスの開始

 

添付

Replace.zipReplace.zip [6.66 KB]