{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

PowerChute Business Edition v10.0 SNMP Trapで異なるIPアドレスがagent-addrに登録される事象について

このページでは、PowerChute Business EditionのSNMP機能を用いてTrapを送信した際に、
想定していない異なるIPアドレスがagent-addrに格納される事象について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Business Edition v10.0 (以下 PCBE)

【事象の発生条件】
PCBEをインストールしたマシンが、複数のNIC(IPアドレス)を持っている場合

【事象の詳細】
複数のIPアドレス (例: 192.168.1.100, 172.16.10.100)を持っているPCBEからTrapを送信すると、
Trapを送信した際の送信者(Source)は192.168.1.100となりますが、
Trapのパラメータ"agent-addr"には172.16.10.100が格納されることががあります。

特定のIPアドレスを、自身が使用するアドレスとして設定する機能を持っていないために
本事象が発生することがあります。

【回避方法】
特にありません。本事象は次版にて修正予定です。
SNMP Managerでagent-addrの値で識別して監視する際は、上記の点に注意して設定・運用してください。


Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る