{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

PowerChute Network Shutdown for Virtualization v4.3 Witnessアプライアンスが正しい順序でシャットダウンされずvSANクラスターホストの停止に失敗する

本ページは、PowerChute Network Shutdown v4.3でWitnessアプライアンスが正しい順序でシャットダウンされず、
vSANクラスターホストの停止に失敗する問題について説明しています。


【対象バージョン】
PowerChute Network Shutdown for Virtualization v4.3

* 本問題はバージョン4.4で解消しています
* v4.3のサポートは終了させていただきました


【環境】
PowerChute仮想アプライアンスをWitnessアプライアンスと同じホストに配置する構成
(VMware vSAN 2ノード構成を含む)


【事象】
PowerChute仮想アプライアンスをWitnessアプライアンスと同じ管理ホストに配置する構成での
シャットダウンシーケンスにおいて、Witnessアプライアンスの電源がオフの場合、
誤って他のvSANホストよりも先に管理ホストをシャットダウンします。
管理ホストは最後にシャットダウンする必要があります。


【回避方法】
本事象を回避するためには、添付のパッチファイルをダウンロードし、以下の手順に従って適用してください。


1. 添付のpcns_vsan_ftt.tarファイルをダウンロードします
2. pcns_vsan_ftt.tarをPowerChute VMにコピーします
3. rootとしてPowerChute VMにログインします
4. ファイルを解凍します
tar -xvf pcns_vsan_ftt.tar
5. PowerChuteサービスを停止します
systemctl stop PowerChute
6. 元のpcns.jarファイルの名前を変更します
mv /opt/APC/PowerChute/group1/comp/pcns.jar  /opt/APC/PowerChute/group1/comp/original_pcns.jar
7. 解凍したpcns_vsan_fft.jarをPowerChuteディレクトリにコピーします
cp pcns_vsan_ftt.jar /opt/APC/PowerChute/group1/comp/pcns.jar
(注: ファイルをコピーすると名前がpcns_vsan_ftt.jarからpcns.jarに変更されます)
8. 新しいpcns.jarファイルの権限に変更します
chmod 664 /opt/APC/PowerChute/group1/comp/pcns.jar
9. PowerChuteサービスを再起動します
systemctl start PowerChute


公開日 2020年6月15日
更新日 2021年3月9日

Schneider Electric 日本

添付

詳細を見る
詳細を見る