{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

Smart-UPS (SU/SUAシリーズ) 警告音概要

Smart-UPS SUシリーズ, Smart-UPS SUAシリーズの警告音(アラーム音)の種類とその内容についての説明です。

Smart-UPS SUシリーズ, Smart-UPS SUAシリーズではバッテリー運転を知らせる2種類とバッテリーの交換時期、
バッテリーの未接続、過負荷状態の警告があります。
そのアラームの種類とそのアラームの際の確認するLEDと警告内容についての説明です。

警告音の種類

1. バッテリー運転
2. ローバッテリー
3. 要バッテリー交換
4. バッテリー未接続
5. 過負荷状態
6. その他

以下、これら警告音の音の種類と示す内容となります。下図、オレンジの点がアラーム音、種類を示します。


1. バッテリー運転
アラーム音 : 30秒おき 0.5秒間隔で4回
11
(バッテリー運転: ピッ,ピッ,ピッ,ピッ の後、30秒間 無音 の繰り返し)

・点灯するLED : 12 バッテリー運転中LED点灯

・アラーム内容 バッテリー運転
UPSがバッテリー運転して電源出力している状態です。
UPSが入力電源に停電、ノイズ等の何らか電源障害を感知したことでバッテリーから電力を供給しています。

[対処方法]
入力電源になにかしらの電源障害が発生していることが考えられます。
停電、またはノイズ、電圧低下など電源障害を検知することで、
UPSはバッテリー運転に切り替え負荷機器に安定した電源を供給します。

頻繁にUPSがバッテリー運転に切替る環境ではUPSが必要なバッテリー容量を蓄積することができない場合があります。
その際にはバッテリー運転の作動時間、頻度や時間帯で電源障害を引き起こしている原因をつきとめ
UPSの入力電源が安定するように商用電源の見直し、感度設定の変更が必要です。



2. ローバッテリー

アラーム音 : 0.5秒間隔で連続

21
(バッテリー運転中にピッ,ピッ,ピッ,ピッ,ピ・・ 細かな断続音)

・点灯、点滅するLED22 バッテリー運転中LED点灯、 23バッテリー容量LED点滅

・アラーム内容 : ローバッテリー状態
UPSがバッテリー運転が継続することでバッテリーの容量が低下して、
残り残量わずかになると(Low Battery)、 アラーム音が連続の断続音に変わります。

UPSがバックアップのためにバッテリー運転をするなかでバッテリーを消費することによって、
バッテリーの容量が低下しますが、バックアップのために必要とする設定された時間を
満たせなくなった状態をローバッテリーと定義しております。

この警告音はローバッテリーの状態を検知したことを示しています。
この警告が発せられますとバッテリーによるバックアップがまもなく終了、停止することを示します。

[対処方法]
電源障害が継続して発生しており、UPSはバッテリ運転を続けておりますが、
バッテリ容量の容量がわずかとなり、まもなく出力が停止することを警告しています。
商用電源を回復させるか、直ちに接続している負荷機器を停止してください。
この状態の場合になるとUPS電源管理ソフトウェア(PowerChute)をインストールしたコンピューターは
設定にかかわらずシャットダウンシーケンスに移行し、OSシャットダウンを実行し、安全に停止させます。



3. 要バッテリー交換

アラーム音 : 5時間おき 0.25秒間隔で1分間
31
(ピッ,ピッ,ピッ,ピッ,ピ・・ 細かな断続音を1分間、5時間周期)

・点灯するLED32 要バッテリー交換LED点灯

・アラーム内容 : 要バッテリー交換
UPSのセルフテスト時にバッテリーの劣化を判断し、不合格になると要バッテリー交換LEDが点灯し、5時間おきに1分間のアラームを鳴らします。

・対処方法
セルフテストはUPSの電源投入時ならびにデフォルトで2週間に一度自動で行われます。
このセルフテストでバッテリーの劣化を検知した場合には5時間周期でアラームで警告します。
バッテリー充電LEDが5個点灯するまで充電を行った上で再度セルフテストを行っても点灯する場合、
電源障害時に期待されたバックアップを確保出来ない状態と考えられます。
早急にバッテリー交換等の対応が必要となります。

バッテリーには寿命があり、バッテリーのコンディションはUPSのバックアップ時間に影響します。
バッテリー交換LEDの点灯の有無に関わらず、バッテリーは定期交換により寿命を迎える前にご交換ください。



4. バッテリ未接続

アラーム音 : 2秒間隔 継続
41
(ピッ, ピッ, ピッ, ピッ, ピ・・ 2秒間隔、 要バッテリー交換LED点滅)

・点滅するLED42 要バッテリー交換LED点滅

・アラーム内容 : バッテリー未接続
バッテリーのコネクタが物理的に外れている状態が考えられます。
バッテリー運転でバックアップできない状態のバッテリーの性能低下の場合にもバッテリー未接続のアラームで警告します。

[対処方法]
バッテリーコネクターをご確認ください。
また、バッテリーの性能が低下し、電圧が保てない場合にもUPSがバッテリー未接続と判断します。
バッテリーの接続に問題がない場合にはバッテリー交換等の対応が必要となります。
バッテリー交換の際にバッテリーを取り外した際にも、その間はこのアラーム、警告を発します。


5. 過負荷状態

アラーム音 : 連続音
51
(ピッーー 連続音、 過負荷LED点灯)

・点灯するLED : 52 過負荷容量LED点灯

・アラーム内容 : 過負荷状態
UPSに接続されている装置がUPSの最大出力容量を超えている場合にアラームがなります。

[対処方法]
負荷機器を減らし、最大消費電力がUPSの最大出力容量を超えないように機器を接続してください。
接続している負荷が少ないにも関わらず、このアラームで機器停止した場合、負荷機器を接続してないうえで本警告音が継続して発生している場合には
商用電源の電圧不足、内部故障等が考えられることよりUPSの使用を中止して、弊社にお問い合わせください。



6. その他
アラーム音 : 1回
61
UPS本体の正面パネルのオンボタン/オフボタンで電源のオン/オフを行う際に(短時間)1回音が鳴ります。

62
ソフトウェア、アクセサリのNetwork Management Card にてアラームテストを行った場合にテスト動作音として 全LEDを点灯させ、2秒間アラーム音を鳴らします。



警告音について:
ソフトウェアまたはアクセサリのNetwork Management Cardを用いることで警告音を解除することが可能です(*1)。
警告音はUPSの状態を通知する大切な手段のひとつとなりますので解除せず運用いただくことを推奨いたします。

(*1) 製品により解除出来る項目は異なります。

●お問合せの際には
弊社にお問い合わせをいただく際には警告音の種類の他、LEDの点灯状況、型番、シリアル番号をあわせてお知らせください。

Schneider Electric 日本

詳細を見る
製品群:
Smart-UPS
詳細を見る
製品群:
Smart-UPS