{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Network ShutdownをWindows Server 2008 Server Core/Windows Hyper-V Server 2008 R2で使用するとJava.exeのCPU使用率が異常に高くなる

このページでは、PowerChute Network ShutdownをWindows Server 2008 Server CoreおよびWindows Hyper-V Server 2008 R2で使用している場合に、Java.exeの使用率が異常に高くなる問題について説明しています。

Windows 2008 Server Core R2にPowerChute Network Shutdownをインストールした後、Java.exeのCPU使用率が異常に高い値に示されます。

これは、マイクロソフト社から発表されている、Windows 2008 Server Core R2とWindows HyperV Server 2008 R2に関する既知の問題です。
この問題の詳細についてはこちらのマイクロソフト社のWEBページを参照してください。

この問題が発生した場合は、PowerChute Network Shutdownのサービスを停止して、Microsoft修正ブログラム(KB978309)をインストールし、マシンを再起動してください。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。