{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Business Edition v9.1.1 対応OS表 [サポート終了バージョン]

本バージョンのサポートは終了いたしました。
参考情報として公開しているもので、コンテンツ内容の更新予定はございません。

* 特記のないものは日本語OS、英語OSともに対応

* LinuxはOfficial版のOSのみサポート
* 特記のないものは32ビット版OSのみサポート

(2021年2月28日現在)


PowerChute Business Edition for Windows & Linux v9.1.1

エージェントバージョン 9.2.1/9.0.4
※ エージェントバージョン9.2.1/9.0.4についての説明はK-Base FA303661 を参照してください。
エージェントバージョン9.1.1/9.0.3はこちら
OSEditionCPUJRE vMA対応ブラウザ対応ケーブル
IE
*2 *3
MS
Edge
FirefoxChromeシリアルUSB
Microsoft Hyper-V ServerWindows Hyper-V Server 2016x64*1
Windows Hyper-V Server 2012 R2x64*1
Windows Hyper-V Server 2012x64*1
Windows Hyper-V Server 2008 R2x64*1
VMware ESXi
*4 *5 *7
VMware ESXi 6.5, 6.5 update 1, 6.5 update 2, 6.5 update 3x64JRE 1.8.0_121
JRE 1.8.0_144
JRE 1.8.0_145
JRE 1.8.0_231
*1
6.5
VMware ESXi 6.0, 6.0 update 1, 6.0 update 2,
6.0 update 3
x64JRE 1.8.0_121
*1
6.0
6.0.0.1
VMware ESXi 5.5, 5.5 update 1, 5.5 update 2,
5.5 update 3
x64JRE 1.8.0_121
*1
5.5
VMware ESXi 5.1, 5.1 update 1, 5.1 update 2,
5.1 update 3
x64JRE 1.8.0_121
JRE 1.8.0_131
*1
5.1
5.1.0.2
5.1.0.3
Windows Server 2016 Version 1709Datacenter, Stadard (Core)x64*1
Windows Server 2016Datacenter, Stadard (Full & Core)
Essentials
x64*1
Windows Storage Server 2016Standard, Workgroupx64JRE 1.8.0_121
*1
Windows Server 2012 R2Stadard, Standard Server Core
Datacenter, Datacenter Server Core
Foundation
x64JRE 1.8.0_131
*1
Windows Server 2012 R2
Essentials
x64JRE 1.8.0_131
*1
Windows Storage Server 2012 R2JRE 1.8.0_131
*1
Windows Server 2012Stadard, Datacenter
Server Core,
x64*1
Foundationx64*1
Windows Storage Server 2012Standard, Workgroupx64*1
Windows Server 2012 Essentialsx64*1
Windows Server 2008 R2Standard, Standard Server Core
Enterprise, Enterprise Server Core
Datacenter, Datacenter Server Core
WEB Server
Foundation
(SP1適用済み)
x64*1
Windows Storage server 2008 R2Standard, Essentials, Workgroup, Enterprisex64JRE 1.8.0_131
*1
Windows Small Business Server 2011x64JRE 1.8.0_121
*1
Windows Server 2008Standard, Enterprise, Datacenter, WEB Server
(SP2適用済み)
x86/x64JRE 1.8.0_121
*1
Windows Small Business Server 2008 (SP2適用済み)x64JRE 1.8.0_121
*1
Foundation (SP2適用済み)x64*1
Windows 10Windows 10 Home, Windows 10 Pro, Windows 10 Pro for Workstation, Windows 10 Enterprise, Windows 10 Educationx86/x64*1
Windows 10 Enterprise 2016 LTSB *13x86/x64JRE 1.8.0_131
*1
Windows 8.1Windows 8.1, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1 Enterprisex86/x64JRE 1.8.0_121
*1
Windows 8Enterprise, Professionalx86/x64JRE 1.8.0_121
*1
Windows 7 *6Ultimate, Enterprise, Professional (SP1適用済み)x86/x64*1
Red Hat Enterprise Linux *7Red Hat Enterprise Linux 8.0, 8.1*9x64JRE 1.8.0_241
※1
*11
Red Hat Enterprise Linux 7.5, 7.6, 7.7 *9x64JRE 1.8.0_102
JRE 1.8.0_162
JRE 1.8.0_192
JRE 1.8.0_231
*1
*11
Red Hat Enterprise Linux 7.3, 7.4 *9x64JRE 1.8.0_121
JRE 1.8.0_131
JRE 1.8.0_145
*1
*11
Red Hat Enterprise Linux 7, 7.1, 7.2 *9x86/x64JRE 1.8.0_121
JRE 1.8.0_131
*1
*11
Red Hat Enterprise Linux 6.10x86/x64JRE 1.8.0_172*11
Red Hat Enterprise Linux 6.3, 6.4, 6.5, 6.6, 6.8, 6.9 *9x86/x64JRE 1.8.0_121
JRE 1.8.0_131
*1
*11
Red Hat Enterprise Linux 6.7 *9x86/x64JRE 1.8.0_121
*1
*11
Red Hat Enterprise Linux 5.9, 5.10, 5.11 *10x86/x64*1*11
SuSE LinuxSuSE Linux Enterprise Server 12 SP3x64JRE 1.8.0_102
JRE 1.8.0_162
*1
SuSE Linux Enterprise Server 12 SP1 / Xenx64JRE 1.8.0_112
*1
SuSE Linux Enterprise Server 11 SP3, SP4 / Xenx64JRE 1.8.0_112
*1
Oracle Linux7.3x64JRE 1.8.0_121
*1
*11
この対応表記載の各OSはv9.2.1およびv9.0.4エージェントに対応します。 v9.0.4はUPS Link対応のエージェントです。

* v9.2.1コンソールはv9.2.1サーバのみ対応しています。対応エージェントバージョンはK-Base FA53224を参照してください。
* PowerChute Business EditionはバンドルされているJREを使用するため、システムにインストールされているJREは使用しません。
PowerChute Business Editionの使用するJREバージョンを変更するには、JRE Configuration Toolを使用してください。
JRE Configuration Toolはダウンロードページよりダウンロードできます。
* HA環境では、PowerChute Business Editionによるシャットダウンはサポートされていません。
* Windows OSではHyper-Vが有効になっている環境もサポート対象に含まれます。

*1 全ての対応オペレーティングシステムで、JRE 8 update 102がサポート対象です。
*2 IE 8、9、10および11が対象です。サポート対象のOSとIEの組み合わせはマイクロソフト社のサポートポリシーに準じます。
*3 MetroスタイルのIE10/IE11には対応していません。
*4 無償版ESXiは未サポートとなります。詳細はサポートページK-Base FA53438を参照してください。
*5 ディスク容量が不足する場合インストールに失敗しますが、誤ったエラーメッセージが表示されます。詳細についてはサポートページK-Base FA311092を参照してください。。
*6 Windows 7 Professional for Embedded Systemsも含む。
*7 rpmオプションを使用してインストールした場合、キーに関する警告が表示される問題があります。対処方法についてはK-Base FA53540を参照してください。
*9 Red Hat Enterprise Linuxではバージョンにより、インストール時にdependency errorが出ます。対処方法についてはK-Base FA53638を参照してください。
*10 Red Hat Enterprise Linux v5.xでSE Linuxが有効になっているとインストールできない問題があります。対処方法についてはK-Base FA53746を参照してください。
*11 Smart-UPS SMT/SMXシリーズ用のAgent v9.2.1のみ対応。 Smart-UPS SUAシリーズ、 Smart-UPS RTシリーズでインストールするAgent v9.0.4では、LinuxのUSB接続は対応していません。
*12 Red Hat Enterprise Linux 6.7のデフォルトブラウザのFirefox バージョン38でUIが開かない問題があります。詳細はK-Base FA310917を参照してください。
*13 Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBを含む。

エージェントバージョン 9.1.1/9.0.3
この対応表記載の各OSはv9.1.1およびv9.0.3エージェントに対応します。 v9.0.3はv9.1.1に含まれるUPS Link対応のエージェントです。
OSEditionCPUJRE *vMA対応ブラウザ対応ケーブル
IEMS
Edge
FirefoxChromeシリアルUSB
Microsoft Hyper-V ServerWindows Hyper-V Server 2016x64
Windows Hyper-V Server 2012 R2x64
Windows Hyper-V Server 2012x64
Windows Hyper-V Server 2008 R2x64
VMware ESXi *1 *2VMware ESXi 6.5, 6.5 update 1, 6.5 update 2, 6.5 update 3x64JRE 1.7.0_51
JRE 1.7.0_67
JRE 1.8.0_231
6.5
VMware ESXi 6.0, 6.0 update 1,
6.0 update 2, 6.0 update 3
x646.0
6.0.0.1
VMware ESXi 5.5, 5.5 update 1, update 2, update 3x645.5.0.2
5.5.0.4
VMware ESXi 5.1, 5.1 update 1, update 2, update 3x645.5.0.2
5.5.0.3
VMware ESXi 5.0 update 1, 3x645.5.0.2
Windows Server 2016Stadard, Datacenter (Core & Full)
Essentials
x64
Windows Storage Server 2016Standard, Workgroupx64JRE 1.7.0_25
Windows Server 2012 R2Stadard, Standard Server Core
Datacenter, Datacenter Server Core
Foundation
x64JRE 1.7.0_45
JRE 1.7.0_51
Windows Server 2012 R2
Essentials
x64
Windows Storage Server 2012 R2Standard, Workgroupx64JRE 1.7.0_72
Windows Server 2012Stadard, Datacenter
Server Core,
x64
Foundationx64JRE 1.7.0_51
Windows Storage Server 2012Standard, Workgroupx64JRE 1.7.0_51
Windows Server 2012 Essentialsx64
Windows Small Buisiness Server 2011x64
Windows Server 2008 R2Standard, Standard Server Core
Enterprise, Enterprise Server Core
Datacenter, Datacenter Server Core
WEB Server
Foundation
(SP1適用済み)
x64JRE 1.7.0_51
Windows HPC Server 2008 R2 (SP1適用済み)x64
Windows Server 2008Standard, Enterprise, Datacenter, WEB Server
(SP2適用済み)
x86/x64JRE 1.7.0_51
Foundation (SP2適用済み)x64JRE 1.7.0_51
Windows Small Buisiness Server 2008Standard, Premium (SP2適用済み)x64
Windows Small Buisiness Server 2008 R2Standard, Premiumx64
Windows Storage Server 2008 R2Standard, Essentialsx64JRE 1.7.0_45
Windows Server 2003 R2 *8Enterprise, Standard Edition (SP2適用済み)x86/x64JRE 1.7.0_51
Windows Server 2003 *8Enterprise, Standard Edition  (SP2適用済み)x86/x64JRE 1.7.0_51
Windows Small Business Server 2003 *8x86
Windows 10Windows 10 Home, Windows 10 Pro,
Windows 10 Enterprise, Windows 10 Education
x86/x64
Windows 8.1Windows 8.1, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1 Enterprisex86/x64JRE 1.7.0_45
Windows 8Enterprise, Professionalx86/x64JRE 1.7.0_51
Windows 7 *9Ultimate, Enterprise, Professional (SP1適用済み)x86/x64JRE 1.7.0_51
Red Hat Enterprise Linux *3 *10Red Hat Enterprise Linux 8.0, 8.1 *4 *5x64JRE 1.8.0_241○ *7
Red Hat Enterprise Linux 7.5, 7.6, 7.7 *4 *5x64JRE 1.7.0_25
JRE 1.8.0_162
JRE 1.8.0_192
JRE 1.8.0_231
○ *7
Red Hat Enterprise Linux 7.4 *4 *5x64JRE 1.7.0_45
JRE 1.8.0_144
○ *7
Red Hat Enterprise Linux 7, 7.1, 7.2 *4 *5x86/x64JRE 1.7.0_45○ *7
Red Hat Enterprise Linux 6.3 *5x86/x64JRE 1.7.0_45
Red Hat Enterprise Linux 6.4 *5x86/x64○ *7
Red Hat Enterprise Linux 6.5, 6.6 *5x86/x64JRE 1.7.0_51
JRE 1.8.0_121
○ *7
Red Hat Enterprise Linux 6.7, 6.8, 6.9 *5x86/x64JRE 1.8.0_121○ *7
Red Hat Enterprise Linux 6.10 *5x86/x64JRE 1.8.0_172○ *7
Red Hat Enterprise Linux 5.9, 5.10, 5.11 *6x86/x64JRE 1.7.0_45
Oracle Linux6.5 Web Server, Basic Serverx86/x64
Oracle VM3.2.8x64
SuSE LinuxSuSE Linux Enterprise Server 12 SP3x86/x64JRE 1.7.0_25
JRE 1.8.0_162
SuSE Linux Enterprise Server 11 SP3 / Xenx86/x64
* v9.1.1コンソール、サーバはバージョン9.1.1およびv9.0.1のエージェントに対応しています。
* 全ての対応オペレーティングシステムで、JRE 8 update 77およびそれ以前のパッチアップデートおよびJRE 7 update 25/update 76がサポート対象です。
* JREをJRE 8 update 60以降にアップデートする場合は、K-Base FA275150FA275152FA275307を参照してください。
* PowerChute Business EditionはバンドルされているJREを使用するため、システムにインストールされているJREは使用しません。
PowerChute Business Editionの使用するJREバージョンを変更するには、JRE Configuration Toolを使用してください。JRE Configuration Toolは こちらよりダウンロードできます。
* Windows OSではHyper-Vが有効になっている環境もサポート対象に含まれます。
* HA環境では、PowerChute Business Editionによるシャットダウンはサポートされていません。
* MetroスタイルのIE10/IE11には対応していません。

*1 無償版ESXiは未サポートとなります。詳細は こちらのページを参照してください。
*2 vMA 5.5.0.2以前のバージョンはBashの脆弱性(ShellShock)の影響を受けるため、対応表から削除しました。
本対応表に記載されたvMAバージョンの使用を推奨します。詳細は こちらのVmware社サイト(英語)を参照してください。
*3 rpmオプションを使用してインストールした場合、キーに関する警告が表示される問題があります。対処方法については こちらのページをご覧ください。
*4 PowerChute Business EditionをインストールするにはJREのインストールが必要です。 こちらのページをご覧ください。
*5 Red Hat Enterprise Linuxではバージョンにより、インストール時にdependency errorが出ます。対処方法につ"いては こちらのページをご覧ください。
*6 Red Hat Enterprise Linux v5.xでSE Linuxが有効になっているとインストールできない問題があります。対処方法については こちらのページをご覧ください。
*7 Smart-UPS SMT/SMXシリーズ用のAgent v9.1.1のみ対応。 Smart-UPS SUAシリーズ、 Smart-UPS RTシリーズでインストールするAgent v9.0.3では、LinuxのUSB接続は対応していません。
*8 マイクロソフト社のサポート終了により、サポート対象外とさせていただきます。
*9 Windows 7 Professional for Embedded Systemsも含む。
*10 Red Hat Enterprise Linux 7.3は非サポートになります。


ソフトウェア (PowerChute 等) / Cables 最新対応表ページに戻る

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る