{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

PowerChute Network Shutdown v4.4 ご紹介


このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.4 の主な機能と前バージョンからのアップデートをご紹介します。
001



HCI対応システム拡張

ハイパーコンバージドインフラの対応システムを拡張し、VMware vSAN、Nutanix, Microsoft Azure Stack HCIに加え、
Cisco HyperFlex、および、HPE SimpliVityの自動シャットダウンをWebインターフェースの操作設定で可能にしました。

これにより、従来のスクリプトによる設定とプログラム構築が不要となります。

002



VMware vSAN 環境でのより柔軟な構成

PowerChute仮想アプライアンスをESXiホストへデプロイすることでPowerChute用管理サーバーが不要となりました。また、アドバンスドUPS構成において、PowerChute仮想アプライアンスの使用が可能となりました。


HCI 最新ハイパーバイザーのサポートHCI 最新ハイパーバイザーのサポート

VMware vSphere 7.0、Nutanix AOS 5.15、Windows Server 2019 Azure Stack HCIのサポート。


SSHによるストレージ管理

NetApp ONTAP 9.x のサポート。カスタムコマンドプロンプトを設定により、各ストレージシステムに対応します。





PowerChute対応OS表

PowerChute Network Shutdown v4.4

Windowns & Linux Windows (Hyper-V環境を除く), Linux (仮想化対応)
Virtualization Windows (Hyper-V環境), VMware, Nutanix, HyperFlex, SimpliVity

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る