{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

PowerChute Network Shutdown v4.3 VMware vSAN対応について

このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.3のVMware vSAN対応について説明しています。
vSANクラスターの対応は3ノード以上で構成される環境になります。

参考: 2ノードvSANのシャットダウンについては、以下のリンクをご参照ください。
PowerChute Network Shutdown for Virtualization v4.3 2ノードvSAN対応について


【概要】
PowerChute Network Shutdown v4.3はv4.2以前で必要としていたスクリプトでのシャットダウンが不要になりました。


【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v4.3

* v4.3のサポートは終了させていただきました


【注意事項】
vSAN クラスターのメンバーであるホストをシャットダウンする場合、
PowerChute Network Shutdownはクラスタ外の物理Windowsマシンか、
vSANクラスタに含まれないESXiホストにPowerChute仮想アプライアンスをインストールしてください。
ESXiホストにインストールするには、PowerChute仮想アプライアンス、
もしくはPowerChuteをvMAにインストールします。
ただし、アドバンスドUPS構成では、この構成はサポートされません。


【構成例】

《例 1》シングル/冗長UPS構成の例
vSAN クラスターのメンバーであるホストが全て同じUPSグループから電源供給されている場合:



この場合、全てのホストが同時に電源障害の影響を受けるため、全ホストをシャットダウンする構成となります。

01


《例 2》アドバンスドUPS構成の例
vSAN クラスター外にPowerChute管理サーバを配置しするアドバンスドUPS構成(UPS冗長構成を含む)の場合:


この構成では、UPSグループA、UPSグループBのいずれかにおける電源障害でシャットダウンが実行される構成となります。
(注)アドバンスド構成ではPowerChuteはクラスター外部のWindows管理サーバーに配置する必要があります。

02


《例 3》下図において、vSANストレージポリシーの許容障害数が1の場合 (FTT=1)
vSANの各ホストを保護するいずれかひとつのUPSグループに重大イベントが発生した場合:



PowerChute Network Shutdown v4.3のFTTサポートの機能によって、ホストを停止することなく
システム運用の継続が可能です。
さらに、別のUPSグループに重大イベントが発生するとvSANが稼動不可(FTT値を超える)で
全てのホストをシャットダウンします。

03

公開日 2019年12月27日

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る