{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdown v4.0以降のバージョンでHyper-V環境を保護する場合の構成について

このページでは、PowerChute Network Shutdown v4.0以降のバージョンでHyper-Vを有効にしたWindows環境を保護する場合の構成について説明しています。

【対象バージョン】
PowerChute Network Shutdown v4.0以降

【説明】
PowerChute Network ShutdownでHyper-Vを有効にしたWindows環境を保護する場合、"for Virtualization"または"Enterprise Edition"をご使用ください。"for Windows and Linux"および"Standard Edition"ではHyper-Vを有効にした環境には対応しておりません。PowerChute Network Shutdownの型番についてはこちらをご覧ください。
注意) SCVMM管理サーバーがインストールされているマシンでHyper-Vが無効になっている場合でも、"for Virtualization"を使用してください。"for Windows and Linux"はSCVMM管理サーバ上にはインストールできません。
この環境では、PowerChuteをインストールするマシンのプロセッサに応じ、Windows x86またはWindows x64のインストーラを使用してください。
PowerChuteをインストールする場所は、SCVMM (Microsoft System Center Virtual Machine Manager )によりHyper-Vホストを管理しているかどうかににより異なります。
SCVMMによる管理PowerChute Network Shutdown
構成
PowerChute
インストール場所
SCVMMインストール場所
なしシングル / 冗長 /
アドバンスド
各ホスト上
ありシングル / 冗長 /
アドバンスド
Hyper-Vホストとは別のWindowsマシン上Hyper-Vホストとは別のWindowsマシン上
SCVMMがPowerChute Network Shutdownと異なるマシン上にインストールされている場合は、以下の設定を行ってください。
  • PowerChuteがインストールされているマシンにSCVMMコンソールをインストールしてください。
  • PowerChuteがインストールされているマシンアカウントをSCVMM設定の管理者ユーザーロールに追加してください。
  • SCVMMマシンをシャットダウンするためには、リモートシャットダウンコマンドを使用してください。シャットダウンコマンドはPowrChuteには含まれません。

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
製品:
PCNS
詳細を見る
製品:
PCNS