{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Network Shutdownで仮想化を有効にしたRed Hat Enterprise Linuxをシャットダウンする

このページでは、PowerChute Network Shutdownで仮想化を有効にしたRed Hat Enterprise Linuxをシャットダウンする際の、仮想マシン(ゲストOS)をシャットダウンする方法について説明しています。

【対象製品】
PowerChute Network Shutdown v3.1以降のバージョン

【環境】
Red Hat Enterprise Linux でKVMを有効にしている環境

【説明】
 /etc/sysconfig/libvirt-guests ファイルをエディターで開き、以下の行をコメントアウトして保存してください。
 
ON_BOOT=start
ON_SHUTDOWN=shutdown
SHUTDOWN_TIMEOUT=300

その後、OSを再起動して、設定を有効にしてください。
 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。