{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Business Edition v9.xのログ採取方法

PowerChute Business Edition v9.xのバージョンでログの採取方法についての説明です。

参考 : PowerChute Business Edition v10以降のご利用の場合以下リンクを参照してください。
Video : PowerChute Business Edition v10 アーカイブファイルの取得方法


PowerChute Business Edition では、ログとしてイベントログ、データログが記録されます。
OSごとのそれぞれのログを確認、採取方法は下記のとおりです。

【Windows版の場合】
[イベントログ]
イベントログをファイルで保存する場合にはexeファイルを実行し、ログファイルを生成してください。

PowerChute Business Edition インストールディレクトリ (デフォルトインストールは C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition) の
\agent\utils\Export.exe を実行してください。

Export.exeを実行することで、
C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\agentのフォルダに" EventLog.txt "ファイルが生成され、このファイル上にテキストのイベントログが書き出されます。

* v9.0.3以前のバージョンではC:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\agent\utilsのフォルダにEventLog.txtが生成されます。

尚、このASCII形式のイベントログファイルは自動で作成、更新されません。 必要に応じ、都度 Export.exe を実行のうえで生成されたtxtファイルを採取ください。
* 英語OSではインストール時にutilsのフォルダは生成されません。 \agentのEventlogを採取してください。
[データログ]
PowerChute Business Edition インストールディレクトリ(初期設定では C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition)内の
\agent\DataLog のファイルに随時書き出されます。


●ログファイルを管理、採取する場合には、上記のとおりイベントログ、データログは
・上記手順で生成された " EventLog.txt"
・ " DataLog" ファイルのコピー
それぞれ2つのファイルを別途任意の場所にコピーし、保存してください。



【Linux版、Solaris版の場合】
[イベントログ]
WindowsにインストールしたPowerChute Business Edition コンソールよりイベントログを表示し、画面のスクリーンショット (ハードコピー)にて採取ください。
Linux版、Solaris版においてはファイルとして採取する方法はありません。

[データログ]
PowerChute Business Edition エージェントインストールディレクトリ(初期設定では /opt/APC/PowerChuteBussinessEdtion/Agent)内のDataLog のファイルに随時書き出されます。
この" DataLog "ファイルをコピーし、採取ください。

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
詳細を見る