{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)の手動でのセルフテスト実行方法

 Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)の手動でのセルフテストを実行する方法の説明です。

セルフテストは約10秒間のバッテリ運転にて、バッテリのコンディションを診断します。
このテストにおいてバッテリの状態により、バッテリ交換LEDが点灯、交換が必要であることを表示します。

以下にUPS前面部の液晶パネルから、手動でセルフテストを行う方法を記載致します。



【実行方法】
1. UPSのバッテリ充電容量が100%であることを確認します
  バッテリ充電容量が100%未満の場合には時間を置き、充電完了後に 2.以降を実施してください
2. [ Esc ] ボタンを押し、"メインメニュー" (Main Menu) を表示します
3. 下ボタンを押し "テスト&シンダン" (Test & Diags) を選択し、エンターボタンを押す
4. ” UPSセルフテスト” (UPS Self Test) の表示でエンターボタンで「NO」と表示されるので、
   下ボタンで「YES」を選択しエンターボタンを押すとセルフテストが開始されます

上記の操作が完了することで、手動によるセルフテストが実行されます。
 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。