{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

Smart-UPS LCD (SMT, SMXシリーズ) 初回起動時のウィザード設定項目について

Smart-UPS LCD SMTシリーズ, Smart-UPS SMXシリーズを初回に起動した際に表示される初期設定ウィザードについての説明です。

Smart-UPS LCD SMTシリーズ, Smart-UPS X SMXシリーズでご使用を開始にあたり、
初回に電源ボタンを押すと下記の流れで基本設定のウィザードで設定事項が表示されます。



01 02

SMT, SMXシリーズの LCD, 操作ボタン配置                SMT1200RMJ1Uの LCD, 操作ボタン配置


はじめに :
Smart-UPSを初めて起動したときにディスプレイに Setup Wizard という表示がでてきます

03

操作ボタンのいずれかのボタンを押し、ウィザードに従い、初期設定を行います。

変更なしの場合には、操作ボタンの図中 ③ のエンターキーで次の項目に進んでください。
変更を行う場合、図中 ④、⑤ の"∧"、"∨" 矢印キーにて設定内容を選択のうえでエンターキーで進んでください。
設定中はまだ電源出力を開始していません。順番に各項目の設定が完了し、最後に再度 ① の"電源ボタン"を押すことでUPSが出力を開始します。

【Wizard項目】

1.
UPSの電源を押します。
04


2.
はじめて電源を入れた際には "Setup Wizard Press any key" と表示されます

05
次に進むために "エンターキー" か "矢印キー"を押してください

エンターキー 矢印キー を押す

3. UPSのディスプレイに表示される言語設定です

06
Language:
English(英語) / ニホンゴ (日本語)

選択後 エンターキー

4.
使用される環境の電源状況に応じた設定を行ってください

07

選択した品質に対し、感度、トランスファーポイントを適切な設定にします
Local Power Quality :
Good (良好) / Fair (普通) / Poor (不安定)

選択後 エンターキー

5.
UPSのディスプレイで表示されるメニュータイプを設定できます

08

Menu Type :
Standard (スタンダード) / Advanced (アドバンス)

選択後 エンターキー

6.
アラーム (警告音)の設定です

Offにするとバッテリ運転や過負荷警告等のアラーム (警告音)に関して、
音での警告が一切無効になります
10
* ご使用の機器によって初回時に表示される項目です
表示されないことがありますが、問題ございません

この項目については、Onで運用いただくことを推奨します
Audible Alarm :
On / Off

選択後 エンターキー

7.
年月の設定

11
* この項目は表示されないことがありますが、問題ございません

本日の日付として、 月と年を順に入力してください
はじめに月を選択、エンターを押し、
次に年を選択してエンターで設定してください。

選択後 エンターキー

8. 出力開始

12
"電源ボタン" を押すと、出力を開始します。



【再設定について】
上記で一旦設定を行った内容については、本体メニューのConfigure (セッテイ)の画面で、いつでも各設定内容の確認ならびに変更が可能です。

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る