{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Video : Smart-UPS LCD 500VA, 750VA (SMT500J/SMT750J)の初回起動方法

Smart-UPS LCD 500VA/750VA (SMT500J/SMT750J)の初回起動方法について説明します。
動画はUPSを箱から取り出した状態から始まります。



SMT500J/SMT750Jの使用開始にあたって次の順に進めてください。
・ UPS背面のバッテリーコネクター(黒い三角形のコネクター)を接続します。
・ UPSの入力コンセントを接続します。
・ ディスプレイに「Setup Wizard Press any key」と表示されます。いずれかのボタンを押し、ウィザードに従って初期設定を進めてください。
   設定する項目は、下記のとおりです。
- 言語 (Language)
- 現地電力品質 (Local Power Quality) ※1
- メニュータイプ (Menu Type)
- 今日の日付 (Today’s Date) ※2
・ 初期設定が完了後、電源ボタンを押してください。
・ オンラインランプ (緑色のランプ)が点灯したらUPSは使用可能な状態です。負荷機器を接続し、ご利用を開始してください。


※1: 現地電力品質
良好(Good)感度:高  92~108VAC
電源環境の良い場所に設置されている場合、この設定を使います。(一般的なオフィスなど)
普通(Fair)感度:中  90~110VAC
近くに電源に影響を及ぼす機器(レーザプリンターなど※3)が設置されている場合、この設定を選択します。
不安定(Poor) 感度:低  86~114VAC  
工場内など電源が不安定になりやすい場所に設置されている場合、この設定を使います。

※2: "今日の日付"は表示されない場合がありますが問題ありません。
※3: 複合機やレーザプリンターを直接UPSに接続しないでください。UPSの仕様を超える消費電力によって故障する原因となります。
 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。