{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

[セキュリティ情報]PowerChute Business EditionのInstallShield脆弱性の影響について

このページでは、PowerChute Business EditionのInstallShield脆弱性の影響について説明します。

【対象製品】
PowerChute Business Editionの全バージョン

【環境】
マイクロソフトWindowsオペレーティングシステム

【詳細】
PowerChute Business Editionをインストールする際に、脆弱性(CVE-2016-2542)悪用の可能性があります。以下の手順で対処してください。

【対処方法】
・サイレントインストールを利用する場合
→任意の場所にディレクトリを作成し、cdコマンドで作成したフォルダに移動してください。その後、DVDドライブ内のインストーラーを実行してください。

・CDメディア内のlaunch.exeを利用する場合
→脆弱性の影響を受けません。通常通りインストーラーを実行してください。

・ダウンロードしたlaunch.exeを利用する場合
→任意の場所にディレクトリを作成し、作成したフォルダに移動してください。その後、インストーラーを実行してください。

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
詳細を見る