{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Network Shutdown v4.x 電源障害時のシャットダウンプロセス(VMWare仮想環境) - 構成例2

PowerChute Network Shutdown v4.x にて図1の構成での電源障害時のシャットダウンプロセスの説明です。

図1.構成例



構成例:
・物理サーバ(Windows) x 1台
・ESXiホスト x 2台
・UPS x 1台
・物理サーバにPowerChute Network Shutdownをインストール
・ESXiホストにvCenter Serverをデプロイ



【電源障害時のシャットダウンプロセス】
表1.シャットダウンシーケンス





PowerChute Network Shutdownの設定

サーバ側のシャットダウンの設定についてはPowerChute Network Shutdownの ▼自ホストネームの項目、 "イベントの設定"、"仮想化設定"
ならびに"シャットダウン設定"にて設定を行います。

(1)イベント遅延時間
ここで設定された時間を超えた場合にPowerChute Network Shutdownの影響下にあるESXiホスト及び
PowerChute Network Shutdownがインストールされたコンピュータに対してシャットダウンプロセスを開始します。
以下設定方法にて、イベント(障害)からシャットダウンプロセス開始までの待機時間を秒単位で設定します。

[設定方法] (例:バッテリ運転[電源障害]に対するシャットダウンプロセスの設定)
・ 図2の画面の左メニューにて "イベントの設定" を選択し(図中の赤線部)、右側に表示される Eventsの項目のトップ UPSのオンバッテリ の行と
シャットダウン の列が交差する箇所(図1中の赤枠)のチェックボックスをクリックします。
・ 表示された 図3, シャットダウンの設定の画面にて シャットダウンの有効化 にチェックを入れます
・ 待機時間 に電源障害発生からシャットダウン開始までの待機時間を入力します (数値入力 単位:秒)

図2.イベントの設定画面
図3.シャットダウンの設定画面



(2) 仮想マシン移行実行
シャットダウンシーケンス内で、PowerChute Network Shutdownから仮想マシンを移行する場合やVmware DRSを有効にされている場合に使用します。
所要時間は仮想マシンの移行にかかる時間を設定してください。
※Vmware DRSを無効にされている場合やPowerChute Netw